シェアリングエコノミー関連記事一覧

地上交通から空へ ウーバーが見据えるライドシェアの未来とは?

地上交通から空へ ウーバーが見据えるライドシェアの未来とは?

個人が保有している遊休資産を有効活用できるサービス」として世界で拡がりつつある、「シェアリングエコノミー」。本記事では、その中でもライドシェアサービスの最大手である米国の「Uber Technologies」のサービスについて、具体的にどのようなサービスを展開しているのか、また将来の構想についてご紹介します。

急成長遂げるフリマアプリまとめ”巨大中古市場”の実態に迫る

急成長遂げるフリマアプリまとめ”巨大中古市場”の実態に迫る

シェアリングエコノミーといえば民泊や乗り物などが思い浮びますが、今は不用品もその対象となっています。ここ数年で業界として大きく成長を遂げている「フリマアプリ」の存在によって、新たなシェアリングエコノミーの可能性が生まれつつあります。個人が不用になったモノが気軽に売買できる、そんな新しいビジネススタイルに注目しました。

高齢化社会を担う新しい力へ シェアリングエコノミー型の介護・生活支援サービスがオープン

高齢化社会を担う新しい力へ シェアリングエコノミー型の介護・生活支援サービスがオープン

高齢化社会へと変化する中、日本の介護保険の範囲では利用者が満足のいくサービスを受けにくい現状があります。そういった社会状況を背景に、シェアリングエコノミー型の介護サービスが新しく登場しました。シェアエコ型介護サービス「CrowdCare」は、高齢化社会の問題解決に一役買う存在になるのでしょうか。

「所有」から「共有」へ-地方創生を担うシェアリングエコノミーのカタチ

「所有」から「共有」へ-地方創生を担うシェアリングエコノミーのカタチ

地方における人口減少や高齢化、過疎化が叫ばれて久しい昨今、地方創生の担い手としてのシェアリングエコノミーに国政規模で注目が集まっています。「所有」から「共有」へのシフトで、あらゆる遊休資産の新しい価値を生み出し続けるシェアエコビジネス。その様々なカタチを各事例とあわせてご紹介します。

シェアリングエコノミーの最先端!世界が注目する「シェアリングシティ」の実態とは!?

シェアリングエコノミーの最先端!世界が注目する「シェアリングシティ」の実態とは!?

年々市場規模が拡大しているシェアリングエコノミーを、都市政策として取り組む都市が世界で増えています。今回は世界に先駆けてシェアリングシティ宣言をした韓国の首都ソウルと、Uberがヨーロッパ本部を構えているアムステルダムから、シェアリングシティの実態を紹介するとともに、日本版シェアリングシティ誕生の可能性を探ります。

“シェアリングエコノミー”とは? 基本ビジネスモデルとサービス内容

"シェアリングエコノミー"とは? 基本ビジネスモデルとサービス内容

生活の空き時間や使われていない資産を有効活用する為にインターネットを介し、個人間で余剰なモノのやり取りをするシェアリングエコノミーについて、それぞれ事例を挙げて、物のシェア(フリマ・衣服などのファッション等)、場所のシェア(駐車場・会議室・民泊・ルームシェア等)、移動のシェア(カーシェアリング・ライドシェア等)、リソースのシェア(労働力・技術・お金等)について紹介します。

訪日外国人が注目する国内のシェアリングエコノミーサービスとは

訪日外国人が注目する国内のシェアリングエコノミーサービスとは

日本国内における話題性の高さなどから、シェアリングエコノミーサービスを試験的に利用する人が増加していますが、それに比例するように訪日外国人による日本国内のシェアリングエコノミーサービスの利用も増加しています。この記事では、訪日外国人によるシェアリングエコノミーサービス利用の市場予測や注目されている国内のシェアリングエコノミーサービスなどを紹介していきます。

新宿区が遂に自転車シェアリングへ!都内5区の連携で広域のポートマップを実現

新宿区が遂に自転車シェアリングへ!都内5区の連携で広域のポートマップを実現

江東区・中央区・千代田区・港区が開始した自転車シェアリングが、遂に2016年新宿区でも利用可能になりました。都市部での短距離移動や、観光地での活用に期待が集まる自転車シェアリングの国内動向を、海外の導入事例とともに紹介します。

前年度比22.4%増!右肩上がりの国内シェアエコ市場

前年度比22.4%増!右肩上がりの国内シェアエコ市場

2015年は日本のシェアリングエコノミー元年といわれ、海外からはAirbnbやUberなどのユニコーンが上陸し、日本発の新しいサービスも誕生しました。今後、国による大々的な規制緩和が見込まれ、一層の賑わいを見せる国内市場。スタートアップ企業が繰り広げるサービスの多様化と、普及によって見えてきた消費者のニーズを解説していきます。

農業にもシェアリングのエコノミーの波!?ステレオタイプを打ち砕く新サービスが続々登場

農業にもシェアリングのエコノミーの波!?ステレオタイプを打ち砕く新サービスが続々登場

インターネットやビッグデータの活用によって、ますます勢いに乗って拡大しているシェアリングエコノミーは、いよいよ農業にも新しい動きをもたらしています。特に農業分野で注目したいのは、次々に生まれる既存のシェアエコの枠を超えた個性的なシェアリングエコノミーのスタイルです。

日本の先を行く!世界が注目するシェアリングエコノミー

日本の先を行く!世界が注目するシェアリングエコノミー

新しいシェアリングエコノミーのビジネスが次々と誕生し、関連した国内外のイベントも盛況です。日本でも来るべき東京オリンピックに備えて、新しいシェアリングサービスが芽生えていく可能性があります。そういった社会的なトレンドを踏まえ、最近海外で注目を浴びているシェアリングエコノミーについてご紹介します。

物流業界に広がるシェアリングエコノミー

物流業界に広がるシェアリングエコノミー

カーシェアリングというスキームでシェアリングエコノミーを牽引している運輸業界では、車を使った人のモビリティだけでなく、物流にも変化が現れ始めました。また同じ業界内で巨大な産業を担う航空事業、海運事業に明暗が分かれているという現状にも迫ります。

日本にも欲しい!世界の大学で広がる便利すぎるシェアリングエコノミー系サービス3選

日本にも欲しい!世界の大学で広がる便利すぎるシェアリングエコノミー系サービス3選

世界の大学では、日本のマーケットにはまだ登場していない便利なシェアリングエコノミーの数々が芽生えています。大学生のユーザーとしての需要と同時に、リソースのシェアも期待できるため、海外の事例に学ぶところは多そうです。今後日本でもサービスの成長が見込めそうな、興味深い事例を3つご紹介します。

おさがりも送り迎えも!子供向けのシェアリングサービスの需要拡大とサービスの意義

おさがりも送り迎えも!子供向けのシェアリングサービスの需要拡大とサービスの意義

日本に昔からある「おさがり」という文化をシェアリングサービスで再現!子ども同士でおもちゃやゲームのやりとりができるアプリが登場しました。また、子供の「送り迎え」についても、便利で安全なサービスが求められています。今回はそんな子供にまつわるシェアリングエコノミー系サービスについて解説します。

旅先でこそシェアリング!観光分野でのシェアリングエコノミーの可能性

旅先でこそシェアリング!観光分野でのシェアリングエコノミーの可能性

近年、日本国内への旅行者は右肩上がりとなっており、通訳ガイド付きの観光スタイルよりも、シェアリングサービスを利用した自由に滞在・行動できる観光スタイルが主流となりつつあります。ただ、日本のシェアリングサービスはまだまだ発展途上。今後、シェアリングエコノミーは観光分野にどのように関わっていくのでしょうか。

シェアリングエコノミー向けの保険も誕生!進むリスク回避の動き

シェアリングエコノミー向けの保険も誕生!進むリスク回避の動き

利用者の増加とサービス内容の多様化により、トラブルも増えているシェアリングエコノミー系のサービス。そうしたトラブルに対するリスク回避の動きが高まってきています。広がるシェアリングエコノミーに呼応して誕生するリスク回避の動きを紹介します。

【まとめ】ライドシェアリング事業は違法の「白タク行為」にあたるのか?

【まとめ】ライドシェアリング事業は違法の「白タク行為」にあたるのか?

料金の安さと手軽さ、快適な使い勝手からユーザーを広げ、ライドシェアリングを世界中に普及させつつあるUber。既に日本にも上陸を果たし、タクシーの配車などを行うUberですが、アメリカのようにライドシェアを普及させるにはいわゆる「白タク行為」と言われる法律上の問題があります。ライドシェアが現状で抱えている課題と、今後の発展の可能性についてまとめました。

ライドシェアの先駆者「Lyft」 の日本での普及

ライドシェアの先駆者「Lyft」 の日本での普及

アメリカで、ライドシェアリングサービス大手Uberのライバルとして、しのぎを削る「Lyft」。2015年に楽天から3億ドルの出資を受けたことでも注目されていたLyftが、いよいよ日本に上陸するのでは?と見られています。そこで、2社の比較と、日本に上陸した場合に考えられる白タク問題と規制緩和などについてまとめました。

国内最大手ライドシェアリングサービス「notteco」インタビュー

国内最大手ライドシェアリングサービス「notteco」インタビュー

代表的なシェアリングエコノミーサービスの1つであるライドシェア。UberやLyftが世界中で勢力を伸ばす中、日本でもこの市場を牽引する企業があります。それが株式会社nottecoです。今回はロングインタビューの前半記事として、notteco代表の東氏からサービスの現状やライドシェアの威力、今後の展望などを語っていただきました。

カーシェアリング業界とレンタカー業界の違い 利用形態の違いに起因

カーシェアリング業界とレンタカー業界の違い 利用形態の違いに起因

1980年代に欧州で普及し始めたカーシェア。国内での成長は2002年に会員数がたった50人でしたが、2016年には約86万人まで増加し、利用は年々拡大しています。「便利」「エコ」「経済的」というイメージの強いカーシェアは、レンタカー業界とはどのように違うのでしょうか、そしてどのような事業特性があるのでしょうか。現在の状況をまとめました。

Airbnbが語る「市場の民主化」とは

Airbnbが語る「市場の民主化」とは

世界各国でサービス提供されているAirbnb。日本国内での成長は、Airbnb創業者も注目するほど勢いを増しています。増加する訪日外国人と共に需要が見込まれる民泊ですが、未だ法制度についての議論が繰り返されており、その位置が定まっていないのが現状です。Airbnbが国内で市場を拡大していくには、果たしてどのような課題をクリアしなければならないのでしょうか。

民泊とは? ~今さら聞けない定義から法規制まで総まとめ~

民泊とは? ~今さら聞けない定義から法規制まで総まとめ~

空き家問題や、宿泊施設不足といった社会問題の解決策になるのでは?と期待を集める「民泊」ビジネス。旅先の民家に好意で宿泊させてもらう元来の形とは異なり、海外でのAirbnbなどの台頭を受け、新しいシェアリングサービスとして注目されています。民泊の言葉の定義から、旅館業法の法規、トラブル実例や国家戦略特区の新しい動きなど基礎から全てをおさらいしました。

ライドシェアリングへの海外および日本での法規制について

ライドシェアリングへの海外および日本での法規制について

カーシェアリングを拡大させ、瞬く間にアメリカでシェアを広げたUber。その勢いは既存のタクシー業界への影響が大きく、「ウーバライゼーション」という新語まで生み出しました。次第に世界中へと浸透しつつあるカーシェアのサービスと、関連する法律規制についてフランスや日本の場合を取り上げて考察してみました。

Airbnb(民泊)利用で起こったトラブル事例と解決・回避方法

Airbnb(民泊)利用で起こったトラブル事例と解決・回避方法

世界中で活用され、日本へも広がり始めている民泊の動き。ホームシェアリングのマッチングサイト最大大手Airbnbでは、物件掲載国は190以上にも上ります。そこで、利用者・提供者共に気になるのがトラブルについて。今回は、海外で実際に起こったトラブル事例を紹介しながら、リスクヘッジ方法までお教えします。

Airbnb投資と関連サービスの経済効果

Airbnb投資と関連サービスの経済効果

民泊サービスで有名なAirbnb、その活用が注目されています。不動産のようにAirbnb物件に投資・運用していくにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。注目の清掃代行サービスや運用後想定できる問題についてもまとめました。

カーシェアリングの国内市場規模・動向まとめ最新版

カーシェアリングの国内市場規模・動向まとめ最新版

2016年の国内カーシェアの市場規模を主要会社の車両台数とカーステーションデータからまとめました。環境への配慮や車の維持費節約など、ユーザーの意識変化とシェアリングザービスの台頭から、2020年カーシェア市場は倍増するのではと予想されています。その市場動向もあわせてご紹介します。

共有型経済と旅行産業をけん引?!P2Pのカーシェア「Turo」

共有型経済と旅行産業をけん引?!P2Pのカーシェア「Turo」

2015米フォーブス誌の最もアツいスタートアップ企業にも選ばれた注目の「Turo」と、同年日本でDeNAがスタートした「Anyca」、海外国内それぞれでPeer to Peer型カーシェアサービスを代表する2つの事例を紹介します。貸主も借主もユーザーであるという点にフォーカスしてみていきましょう。

デジタル格差が生む「シェアの闇」と「潜在ニーズ」

デジタル格差が生む「シェアの闇」と「潜在ニーズ」

人々の生活を便利にし、購入・消費の経済を共有へと移行させているシェアリングエコノミー。アメリカの「ピュー・リサーチ・センター」の調査で、そんなシェアリングエコノミーにまつわる言葉について、聞いたことがないと回答した未経験セグメントが存在することが明らかになりました。日本においても類似したデジタル格差は見られます。その要因とセグメントの分析などを検証しました。

ライドシェアリングサービスUberのビジネスモデルまとめ

ライドシェアリングサービスUberのビジネスモデルまとめ

近年台頭しているUberのビジネスモデルとは、一体どんなものなのでしょうか?ITを駆使したプラットフォームの利便性やユーザー・ドライバー双方にとって有益なWin-Winのビジネス構造、さらにシェアリングエコノミーの発達に伴うUber症候群(ウーバライゼーション)という現象について解説しました。

クラウドソーシングとシェアリングエコノミーの関係性について

クラウドソーシングとシェアリングエコノミーの関係性について

シェアリングエコノミーが注目される前からあった「クラウドソーシング」ですが、そのひとつである「リソースのシェア」のひとつと考えることができます。この記事では受注側・発注側、それぞれの視点で見た「クラウドソーシング」のメリット・デメリットを探る他、運営側の注意点についても考えていきます。

民泊オーナーの効用を最大化?!シェアを支援する「Pillow」

民泊オーナーの効用を最大化?!シェアを支援する「Pillow」

国内では規制緩和が話題となっている民泊ですが、全世界ではその需要率が上がり、ビジネスとして始める人々が増えてきています。なかには物件をたくさん抱え、確かな収入を獲得しているホストがいます。一人で運営することが物理的に困難なのに、なぜ収益が見込めるのか。その秘訣は「業務代行」。そこで、アメリカの大手民泊代行サイト「Pillow」を解説しながら、民泊の更なる可能性を追求していきます。

シェアリングエコノミー 世界各国の現状について比較・総まとめ

シェアリングエコノミー 世界各国の現状について比較・総まとめ

余ったものをシェアする動きは世界中で拡大しています。シェアリングでヨーロッパをけん引するイギリスやUberを生んだシェアリングの本場アメリカ、近年都市を上げてシェアリング事業に力を入れる韓国のソウル、そしてまだまだ法規制が厳しい日本。それぞれの共有型経済に対する姿勢・現状をまとめました。

Uber、Airbnbから学ぶ、シェアリングエコノミーのビジネス戦略

Uber、Airbnbから学ぶ、シェアリングエコノミーのビジネス戦略

今や世界のあらゆる地域で利用されているUberやAirbnbは、どんなビジネス戦略によって成長してきたのでしょうか。シェアリングエコノミーの先駆者である両社CEOの2人には、共通するキーワードがありました。それぞれの創設者が語った、創設当時の想いや苦労、発展のための工夫などを取り上げます。 

ヒト、モノ、場所 ジャンル別シェアリングエコノミービジネスまとめ

ヒト、モノ、場所 ジャンル別シェアリングエコノミービジネスまとめ

本記事では、シェアリングエコノミーの一部と認識されていないものを大まかに①モノのシェア②スペースのシェア③リソースのシェア④移動のシェアの4つの領域に分けて、実際のサイトを用いて各ビジネスモデルを紹介しています。また類似のサイトの紹介や今後の業界の将来性についても考察しています。

捨てずに売る・貸す 新しいシェアリングビジネスとは

捨てずに売る・貸す 新しいシェアリングビジネスとは

日本ではすでに、洋服のレンタルや使わなくなった物を譲るなど、モノをシェアは広く普及しています。最近では、消費税のかからない中古車の販売や、仮想通貨を使ったオークションなどでもモノのシェアが始まっています。さらに、いまだ日本には上陸していない海外で人気のサービスは、安全性・信頼性が重視される日本で受け入れられるのでしょうか。

ライドシェアリングの基本からトラブル、法規制についてまとめ決定版

ライドシェアリングの基本からトラブル、法規制についてまとめ決定版

欧米を中心に普及し、日本でも注目されているライドシェア。現在日本独自のサービスも誕生し、今後はさらに訪日外国人観光客が増加するとともに、ますます日本でのライドシェアのニーズも増加すると予想されます。しかし日本では比較的新しい概念であり、さまざまな不祥事があとを絶ちません。そこで今回は、ライドシェアの基本と知っておくべきトラブルや法規制についてまとめました。

シェフまで共有! 食に関わるシェアエコまとめ

シェフまで共有! 食に関わるシェアエコまとめ

インターネットを通じて、料理提供者の家で他の参加者と食事をともに楽しんだり、外国人が自宅で郷土料理教室を行ったりと新しい動きが生まれています。さらにはレストランの料理の宅配サービスや、メニューや価格などを見て指定した場所にシェフが来てくれるサービスなど食を通じたシェアリングサービスも注目を集めています。

少子高齢化を支えるシェアリングエコノミーの経済合理性とは

少子高齢化を支えるシェアリングエコノミーの経済合理性とは

日本の総人口減少や高齢者割合・未婚率上昇、及び耐久消費財の残余といった時代背景から、今後のシェアリングエコノミーの需要について、車や家具などの例を挙げながらまとめました。さらに経済的なメリットや、必要な時に必要な分だけという考えなどからシェアリングエコノミーは拡大していくと考察しています。

ライドシェアリングの規制緩和 インバウンド観光客の交通手段へ

ライドシェアリングの規制緩和 インバウンド観光客の交通手段へ

シェアリングエコノミーのひとつに、ライドシェアと言われる車の相乗りサービスがあります。現在国内6つの地域が国家戦略特区として定められ、従来の規制に対して特例措置を適用されたりするなど、2020年に向けた訪日外国人の受け入れ施策が注目されています。そうした基本に加え、法規制などの問題について紹介します。

リソースのシェアリングエコノミー「クラウドソーシング」まとめ

リソースのシェアリングエコノミー「クラウドソーシング」まとめ

シェアリングサービスによってあらゆる人が時間を有効活用できるようになりました。最近では"モノ"だけでなく"コト"を販売する動きが活発になってきています。家事代行サービスから個人の趣味・特技・経験・知識を生かしたリソースのシェアリングサービスまで、いくつかの事例とともにご紹介します。

民泊(airbnb)の基本ビジネスモデルや法規制を総まとめ

民泊(airbnb)の基本ビジネスモデルや法規制を総まとめ

民泊サービスが世界中で拡大しています。業界最大手Airbnbを中心に作られてきた基本的なビジネスモデルや日本の民泊斡旋企業についておさらいします。ゲストとホストを集める工夫や日本独自の時間単位でのスペースの貸出、さらに長期滞在限定の民泊を紹介。また、現行の法規制についてもまとめました。