Pocket

政府の「未来投資戦略2018」でも、地域を活性化する重点施策として取り上げられているシェアリングエコノミー。

ANAホールディングスでは一般社団法人シェアリングエコノミー協会主催の「シェアサミット2017」にプラチナスポンサーとして参画し、2017年末にはAirbnbやTABICAと提携するなど、シェアリングエコノミーへの取り組みに注力しています。

そして、2018年9月にはシェアリングサービスを活用した旅の提案サイトを日本で初めてオープンしました。シェアリングエコノミーに抵抗感の少ないミレニアル世代以降の若者を中心的なターゲットとして、地域に深く触れられる多様な旅を広めることで地域創生にも貢献していく考えです。

ANAによる、このシェアリングサービス企業9社と提携した新しい旅の提案サイトについて詳しくご紹介します。

目次

  1. 新しい旅の提案サイト「Look for your style」とは
    ・内容について
    ・サイト開設の狙いについて
  2. 連携する9つのサービス内容
    ・Airbnb
    ・Vacation STAY
    ・SPACEMARKET
    ・Aircloset
    ・Anyca
    ・DogHuggy
    ・ecbo cloak
    ・TABICA
    ・Totte
  3. まとめ

1.新しい旅の提案サイト「Look for your styleとは

1_ana

https://www.ana.co.jp/ja/jp/domtour/theme/recommend/lookforyourstyle/

内容について

ANAホールディングスは、2018年9月、新しい旅を提案する専用サイト「Look for your style」を立ち上げました。シェアリングエコノミーの先導企業であるAirbnbや、楽天とLIFULLによるVacation STAYなど9社と連携し、「泊まる」「移動する」「その地域ならではの交流体験」「旅をより快適にするサポート」という、各分野のシェアリングサービスを使った旅を提案する日本初のサイトとなります。

一棟貸切の古民家、自然を感じるグランピングキャンプなどへの注目が高まっている昨今だからこそ、地域と深くかかわりながら、その土地ならではの体験もでき、旅先での車や衣服、荷物の預け先なども手軽に手配できる多様な旅を提案します。

また、ANAマイレージクラブ会員が、こちらのページを経由してサービスを利用すると、200円ごとに1マイルがたまる(一部の事業者は対象外)という特典もあります。

サイト開設の狙いについて

総務省2017年版情報通信白書「ミレニアル世代の情報行動」によると、20代を中心とした若年層は、ほかの世代と比較してSNS利用やネット上での交流、情報の共有などに積極的で、シェアリングサービスにおいても抵抗感が少なめという結果が得られました。

実際に、プライベート空間が確立される上、豪華な共有スペースなどが充実したソーシャルアパートメントの利用者層もこの世代が中心となっており、所有・共有にこだわらず、よりよいものをお得に利用したいという合理的な価値観や消費傾向があると思われます。

ANAではこういった世代や訪日外国客などの「シェアリングサービスへの抵抗が少ないターゲット」を中心に、シェアリングエコノミーを安心して利用できる環境を整えていく考えです。

シェアリングサービス企業9社と連携した、その具体的な内容についてご紹介します。

 

2.連携する9つのサービス内容

Airbnb

2_airbnb

https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/promotions/special-info/ana-airbnb-campaign/

世界190カ国で3億人以上に利用される民泊の最大手Airbnb(エアビーアンドビー)は2017年11月よりANAと提携し、「暮らすように旅しよう」をコンセプトとした特設サイトをオープン。

古民家への宿泊や農家民泊、あこがれのヴィラ、キャンプ・グランピングなど、さまざまなテーマから宿を探すことができます。従来の旅行に比べ、滞在地域に深くかかわることができるアクティビティ体験プランも充実している人気のサイトです。

キャンペーン期間中は「Look for your style」からの予約によってクーポンによる割引や、宿泊後に送られてくるメールによってANAマイルが付与される特典もあります。

関連記事:

進む企業の民泊参入。ANA、PeachによるAirbnbとのパートナーシップ締結について

Vacation STAY

3_vacationstay

https://vacation-stay.jp/

IT大手の楽天と、不動産情報サイトを運営するLIFULL(ライフル)が共同設立した民泊サイトVacation STAY(バケーションステイ)でも、トレーラーホテル、離島の一軒家、宿坊などバラエティーに富んだ宿でホテルや旅館では味わえない体験ができます。

また、観光地やテーマパークへアクセスしやすい立地の宿や格安のドミトリールームなど、合理性に富んだ宿泊施設も充実しているため、利便性やお得感を重視する人にも最適です。こちらもANAサイトを通した利用で、200円ごとに1マイルの付与特典もあります。

関連記事:

リクルートも民泊に参入へ。国内の大手賃貸業者の民泊参入状況まとめ

SPACEMARKET

4_spacemarket

https://www.spacemarket.com/

パーティやスポーツ、バーベキューやキッチンまで、空いているスペースを有効活用した多彩なサービスを提供するSPACEMARKET(スペースマーケット)。一日カフェや一日スナック体験などのユニークなサービスが注目を集めています。

2017年9月には宿泊事業にも参入し、日本庭園付き古民家貸切プランや森の中のゲストハウス貸切プランなど、趣のある宿での宿泊プランが選択できます。

関連記事:

遂にスペースマーケットが民泊事業に本格参入!民泊解禁・自由化で急成長するマーケット―参入企業一覧まとめ―

Aircloset

5_aircloset

https://www.air-closet.com/campaign/ana-tebura/

流行に左右されがちなファッションアイテムを買うのは気が引ける人も多いものです。そこで、必要に応じたファッションアイテムをリーズナブルにシェアできるのがAircloset(エアクローゼット)。

顧客の好みやシーンに応じて、プロのスタイリストがコーディネートを選んでくれる月額制のファッションレンタルサービスです。

ANAとの提供により旅先からの返却も可能で、荷物が少なくなる上、旅のコーディネートにもバリエーションが広がります。かつ、レギュラープランで100マイル/月、ライトプランで70マイル/月のANAマイルもたまるので合理性を重視する若年層を中心とした利用が期待されます。

関連記事:

流行の洋服やコーディネートもシェアする時代へ。ファッションにおけるシェアリングエコノミーの最新事情

Anyca

6_anyca

https://anyca.net/

「乗ってみたいに出会える」というキーワードが特徴的な個人間カ―シェアリングサービスAnyca(エニカ)。高級車からスポーツカー、ファミリーカーと車種が豊富で、好みや気分やシチュエーションに合わせて車が選べる人気のサービスです。

個人間シェアによって自分では所有できないようなハイクラスの車に、レンタカーよりお得に乗れるというポイントで満足度が高い利用者が多いようです。

あこがれの車で旅をしてみたいと考える人におすすめのサービスです。

DogHuggy

7_doghuggy

https://doghuggy.com/

犬を飼っているのでなかなか旅行ができないなどの悩みに応えるのは、愛犬版AirbnbともいえるDog Huggy(ドッグハギー)。外出や旅行などで愛犬と一緒にいられない飼い主と、愛犬を預かり世話をしてくれるホストをマッチングさせるサービスです。

ドッグホストはむやみに増やさず、人伝で本当に信頼できる人のみに絞るというのがオーナーの考えで、安心して愛犬を任せることができます。

愛犬が心配で旅行することに躊躇したり、家を空けることに罪悪感を持ったりしていた人が、安心して旅を楽しめるというサービスの充実は個人の世界観を広げる機会となり得るでしょう。

こちらも「Look for your style」サイトからの予約によって、期間限定クーポンでの割引やマイルがたまる特典が受けられます。

関連記事:

人気のシェアリングエコノミーの影にはつねに女性あり 注目サービス20選で見えてくる傾向と対策

ecbo cloak

8_ecbocloak

https://cloak.ecbo.io/ja

外出先や旅行先で邪魔になりがちな大きな荷物を預かるスペースを探すサービスecbo cloak(エクボクローク)。

コインロッカーには入らないような大きな荷物でもリーズナブルに預けられるサービスです。預ける場所は駅ナカのクロークや旅行会社カウンター、店舗やカフェ、ホテル、郵便局など数多くあり、いずれもスマートフォンから事前予約ができるので安心。

ANAサイトを通して利用すれば期間限定クーポンによる割引やマイル付与という特典もあり、コインロッカー難民になることなく旅を快適にしてくれます。

関連記事:

街中のスペースに荷物を預けられる「ecbo cloak」 預けた荷物の配送サービスも視野に 

TABICA

9_tabica

https://tabica.jp/

TABICA(タビカ)は、旅をする人と、その土地にもっと深く触れることができる体験をマッチングさせるサービスです。農作物収穫・海釣りなどの自然体験や、参拝や建築物・パワースポット・カフェめぐりなどの街歩き、伝統工芸やアートなどのワークショップといった興味深いプランが満載。旅をより充実したものにしてくれる体験型のサービスです。

こちらも「Look for your style」からの予約によって期間限定クーポンによる割引や、ANAマイルが付与される特典もあります。

関連記事:

ANAがシェアリングエコノミーで地方創生を目指す。TABICAとの提携による取り組みとは

Totte

10_totte

https://totte.fun/

撮影機材に特化したシェアリングサービスTotte(トッテ)。2018年9月にリリースされたアプリで、写真家やデザイナーなどが使うプロ用の撮影機材をスマートフォンで手軽に貸し借りできるサービスです。

カメラやレンズ、照明などのほか、ドローンなどの貸し借りも可能で、旅先でちょっと違った撮影がしてみたい場合などにおすすめです。

利用時には業務提携と本人確認をおこなうため、盗難や紛失などの心配も少なく、万が一の場合も保険で補償されるので安心です。

「Look for your style」からの予約による期間限定割引とANAマイル付与特典があります。

 

3.まとめ

よりよいものをお得に利用できるなら、所有にこだわらないという合理的な考えの若者が増えてきた昨今、シェアリングエコノミーは需要創出につながる注目すべき市場となっています。

ANAにとって、国内ビジネスという観点から見ても地方活性化は重要な課題です。この新しい旅のスタイルを推進する取り組みによってシェアリングエコノミー市場がさらに拡大し、世代を超え安心して利用できる環境に整えられることが期待されます。

Pocket