海外情報

Foreign overview

シェアリングエコノミー普及の懸け橋へ 金融ビジネス分野に期待される今後の役割とは?

シェアリングエコノミー普及の懸け橋へ 金融ビジネス分野に期待される今後の役割とは?

近年、世界中で急速に普及するシェアリングエコノミー。そのシェアリングエコノミーの中核分野の一つになるであろう金融サービスが担う役割・責任とはどのようなものなのか、また、金融サービスとシェアリングエコノミーが連携することにより、もたらす効果とは何なのかを考察していきます。

乗り物シェアリング最新事情まとめ!国内外の自動車メーカーが続々と参入を表明

乗り物シェアリング最新事情まとめ!国内外の自動車メーカーが続々と参入を表明

2016年は世界の自動車・二輪メーカーが、続々と乗り物シェアリングに参入を表明しました。独自参入を始めた企業もあれば、シェアエコのスタートアップ企業と協業してカーシェアに乗り出した企業もあります。本記事ではGMやダイムラー、トヨタ、ホンダにフォーカスし、各社がどのように乗り物シェアに参入しているのか、見ていきましょう。

料理教室からつくりおきまで!おさえておくべき食のシェアリングエコノミーサービス8選

料理教室からつくりおきまで!おさえておくべき食のシェアリングエコノミーサービス8選

旅先や自宅でいつもとは違う家庭料理が食べられたり、教えてもらえたりするサービス、畑をシェアするサービス、プロの料理を配送してもらえるサービスなど、食の分野でもさまざまな形のシェアリングエコノミーが広まってきました。そこで今回は、食の新しい楽しみ方を見つけられるシェアリングエコノミーのサービス8つをまとめてご紹介します。

日本のシェアエコ先行都市まとめ シェアリングシティが暮らしやすい街を実現

日本のシェアエコ先行都市まとめ シェアリングシティが暮らしやすい街を実現

世界のいたるところで、シェアリングエコノミーを街のインフラに活用する「シェアリングシティ」が誕生しています。日本においても例外ではなく、市民の暮らしを快適にするため、自治体が様々なシェアサービスとの連携をスタートさせています。そんな国内外のシェアリングシティの事例について、見ていきましょう。

ライドシェアリングサービスUberのビジネスモデルまとめ

ライドシェアリングサービスUberのビジネスモデルまとめ

近年台頭しているUberのビジネスモデルとは、一体どんなものなのでしょうか?ITを駆使したプラットフォームの利便性やユーザー・ドライバー双方にとって有益なWin-Winのビジネス構造、さらにシェアリングエコノミーの発達に伴うUber症候群(ウーバライゼーション)という現象について解説しました。

空き家の有効活用へ カーシェアリングビジネスが新たな道を開拓

空き家の有効活用へ カーシェアリングビジネスが新たな道を開拓

カーシェアとスペースシェアのアイディアを結合し、「空き家」を駐車場として活用する新しいタイプのシェアリングビジネスが誕生しています。単純に駐車場をシェアできるだけではなく、空き家問題や地域社会の治安改善にも役立つ可能性を持ったサービスは、今後どのように展開されていくのでしょうか。

地上交通から空へ ウーバーが見据えるライドシェアの未来とは?

地上交通から空へ ウーバーが見据えるライドシェアの未来とは?

個人が保有している遊休資産を有効活用できるサービス」として世界で拡がりつつある、「シェアリングエコノミー」。本記事では、その中でもライドシェアサービスの最大手である米国の「Uber Technologies」のサービスについて、具体的にどのようなサービスを展開しているのか、また将来の構想についてご紹介します。

シェアリングエコノミーの最先端!世界が注目する「シェアリングシティ」の実態とは!?

シェアリングエコノミーの最先端!世界が注目する「シェアリングシティ」の実態とは!?

年々市場規模が拡大しているシェアリングエコノミーを、都市政策として取り組む都市が世界で増えています。今回は世界に先駆けてシェアリングシティ宣言をした韓国の首都ソウルと、Uberがヨーロッパ本部を構えているアムステルダムから、シェアリングシティの実態を紹介するとともに、日本版シェアリングシティ誕生の可能性を探ります。

新宿区が遂に自転車シェアリングへ!都内5区の連携で広域のポートマップを実現

新宿区が遂に自転車シェアリングへ!都内5区の連携で広域のポートマップを実現

江東区・中央区・千代田区・港区が開始した自転車シェアリングが、遂に2016年新宿区でも利用可能になりました。都市部での短距離移動や、観光地での活用に期待が集まる自転車シェアリングの国内動向を、海外の導入事例とともに紹介します。

農業にもシェアリングのエコノミーの波!?ステレオタイプを打ち砕く新サービスが続々登場

農業にもシェアリングのエコノミーの波!?ステレオタイプを打ち砕く新サービスが続々登場

インターネットやビッグデータの活用によって、ますます勢いに乗って拡大しているシェアリングエコノミーは、いよいよ農業にも新しい動きをもたらしています。特に農業分野で注目したいのは、次々に生まれる既存のシェアエコの枠を超えた個性的なシェアリングエコノミーのスタイルです。

日本の先を行く!世界が注目するシェアリングエコノミー

日本の先を行く!世界が注目するシェアリングエコノミー

新しいシェアリングエコノミーのビジネスが次々と誕生し、関連した国内外のイベントも盛況です。日本でも来るべき東京オリンピックに備えて、新しいシェアリングサービスが芽生えていく可能性があります。そういった社会的なトレンドを踏まえ、最近海外で注目を浴びているシェアリングエコノミーについてご紹介します。

物流業界に広がるシェアリングエコノミー

物流業界に広がるシェアリングエコノミー

カーシェアリングというスキームでシェアリングエコノミーを牽引している運輸業界では、車を使った人のモビリティだけでなく、物流にも変化が現れ始めました。また同じ業界内で巨大な産業を担う航空事業、海運事業に明暗が分かれているという現状にも迫ります。

日本にも欲しい!世界の大学で広がる便利すぎるシェアリングエコノミー系サービス3選

日本にも欲しい!世界の大学で広がる便利すぎるシェアリングエコノミー系サービス3選

世界の大学では、日本のマーケットにはまだ登場していない便利なシェアリングエコノミーの数々が芽生えています。大学生のユーザーとしての需要と同時に、リソースのシェアも期待できるため、海外の事例に学ぶところは多そうです。今後日本でもサービスの成長が見込めそうな、興味深い事例を3つご紹介します。

おさがりも送り迎えも!子供向けのシェアリングサービスの需要拡大とサービスの意義

おさがりも送り迎えも!子供向けのシェアリングサービスの需要拡大とサービスの意義

日本に昔からある「おさがり」という文化をシェアリングサービスで再現!子ども同士でおもちゃやゲームのやりとりができるアプリが登場しました。また、子供の「送り迎え」についても、便利で安全なサービスが求められています。今回はそんな子供にまつわるシェアリングエコノミー系サービスについて解説します。

ライドシェアの先駆者「Lyft」 の日本での普及

ライドシェアの先駆者「Lyft」 の日本での普及

アメリカで、ライドシェアリングサービス大手Uberのライバルとして、しのぎを削る「Lyft」。2015年に楽天から3億ドルの出資を受けたことでも注目されていたLyftが、いよいよ日本に上陸するのでは?と見られています。そこで、2社の比較と、日本に上陸した場合に考えられる白タク問題と規制緩和などについてまとめました。

共有型経済と旅行産業をけん引?!P2Pのカーシェア「Turo」

共有型経済と旅行産業をけん引?!P2Pのカーシェア「Turo」

2015米フォーブス誌の最もアツいスタートアップ企業にも選ばれた注目の「Turo」と、同年日本でDeNAがスタートした「Anyca」、海外国内それぞれでPeer to Peer型カーシェアサービスを代表する2つの事例を紹介します。貸主も借主もユーザーであるという点にフォーカスしてみていきましょう。

民泊オーナーの効用を最大化?!シェアを支援する「Pillow」

民泊オーナーの効用を最大化?!シェアを支援する「Pillow」

国内では規制緩和が話題となっている民泊ですが、全世界ではその需要率が上がり、ビジネスとして始める人々が増えてきています。なかには物件をたくさん抱え、確かな収入を獲得しているホストがいます。一人で運営することが物理的に困難なのに、なぜ収益が見込めるのか。その秘訣は「業務代行」。そこで、アメリカの大手民泊代行サイト「Pillow」を解説しながら、民泊の更なる可能性を追求していきます。

シェアリングエコノミー 世界各国の現状について比較・総まとめ

シェアリングエコノミー 世界各国の現状について比較・総まとめ

余ったものをシェアする動きは世界中で拡大しています。シェアリングでヨーロッパをけん引するイギリスやUberを生んだシェアリングの本場アメリカ、近年都市を上げてシェアリング事業に力を入れる韓国のソウル、そしてまだまだ法規制が厳しい日本。それぞれの共有型経済に対する姿勢・現状をまとめました。

Uber、Airbnbから学ぶ、シェアリングエコノミーのビジネス戦略

Uber、Airbnbから学ぶ、シェアリングエコノミーのビジネス戦略

今や世界のあらゆる地域で利用されているUberやAirbnbは、どんなビジネス戦略によって成長してきたのでしょうか。シェアリングエコノミーの先駆者である両社CEOの2人には、共通するキーワードがありました。それぞれの創設者が語った、創設当時の想いや苦労、発展のための工夫などを取り上げます。