ニュース

Sharing economy news

高齢化社会を担う新しい力へ シェアリングエコノミー型の介護・生活支援サービスがオープン

高齢化社会を担う新しい力へ シェアリングエコノミー型の介護・生活支援サービスがオープン

高齢化社会へと変化する中、日本の介護保険の範囲では利用者が満足のいくサービスを受けにくい現状があります。そういった社会状況を背景に、シェアリングエコノミー型の介護サービスが新しく登場しました。シェアエコ型介護サービス「CrowdCare」は、高齢化社会の問題解決に一役買う存在になるのでしょうか。

電動車椅子のWHILLが50億円を資金調達。シェア事業に本格参入して未来のインフラを目指す

電動車椅子のWHILLが50億円を資金調達。シェア事業に本格参入して未来のインフラを目指す

電動車椅子を開発・販売するWHILLは、50億円の資金調達を実施してシェア事業に本格参入することを発表しました。WHILLでは電動車椅子を、福祉用具ではなく誰もが使いたくなるようなパーソナルモビリティと位置付けています。この記事では、WHILLが取り組んでいくMaaS事業や、見据えている将来のビジョンについて解説します。

急成長するシェアリングエコノミーへの企業参画~事業別参入・提携企業まとめ

急成長するシェアリングエコノミーへの企業参画~事業別参入・提携企業まとめ

2021年までに1,000億円超にまで成長すると予想されているシェアリングエコノミー市場。国内でも法整備が動き出し、政府も経済を活性化させるための新成長戦略としてシェアリングエコノミーを掲げています。このシェアリングビジネスに参画する企業の事例を事業別にまとめ、その傾向、参画に当たっての注意点などについてご紹介します。

Fabbitとワークシフト・ソリューションズが働き方改革を推進する業務提携へ その内容とねらいとは

fabbitとワークシフト・ソリューションズが働き方改革を推進する業務提携へ その内容とねらいとは

fabbitとワークシフト・ソリューションズの業務提携により、それぞれのユーザーであるフリーランサーや利用企業がそれぞれのサービスを利用でき、より効率的な働き方を実現できる可能性があります。それぞれの企業の特徴やサービスの内容、業務提携により実現可能な未来について考えます。

飲食業界の人手不足を救う?ワークシェアアプリ「Taimee(タイミー)」とは

飲食業界の人手不足を救う?ワークシェアアプリ「Taimee(タイミー)」とは

飲食業界やコンビニなどで、アルバイトの人材不足が深刻です。日本では今後も少子高齢化が進むことが予想され、労働力の確保は喫緊の課題となっています。そんな中、ワークシェアアプリ「Taimee(タイミー)」がリリースされました。若者が自由に働くことができ、人手不足を解消するツールとしても注目が集まっているTaimeeについて詳しく解説します。

メルカリがサイクルシェアサービスに参入!福岡で実証実験スタート

メルカリがサイクルシェアサービスに参入!福岡で実証実験スタート

Airbnbは日本独自の新たなビジネス戦略「Airbnb Partners」を発表しました。民泊新法の施行によって国内のホームシェアビジネスは大きく展開していく可能性もあり、それまで民泊とは関連のなかった異業種企業からも高い関心が寄せられています。その狙いと施策内容について、国内企業の民泊市場動向とあわせて解説します。

リアル店舗へ登場するシェアビジネス 商業施設と協業する理由とは

リアル店舗へ登場するシェアビジネス 商業施設と協業する理由とは

シェアリングエコノミーといえば、多くはアプリやWebのプラットフォーム上にあるサービスが思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、最近では駅ナカの施設や大型スーパーなど、異業種間で協業する例が続々と登場しています。今回はシェアビジネスがリアルな店舗として事業を拡大する狙いについて、具体的な事例とともに解説します。

ロボットとシェアリングエコノミーの活用で何が変わるのか?導入事例とこれからの展望を解説

ロボットとシェアリングエコノミーの活用で何が変わるのか?導入事例とこれからの展望を解説

家庭の掃除から物流システムにまで活用されるロボット。AIの発達も後押しとなって、どんどん便利になってきています。最近ではこのロボットをシェアリングする動きも出てきており、注目が寄せられています。ロボットをシェアするとはどういうことなのか、具体的な活用事例とともに今後の展開についても解説します。

民泊新法で更に安全に!民泊×カギの受け渡し動向【まとめ】

民泊新法で更に安全に!民泊×カギの受け渡し動向【まとめ】

民泊サービスを利用する場合、チェックイン時にゲストと鍵の受け渡しをしなければなりません。直接の受け渡しは手間が掛かるうえ、新法の施行により本人確認や宿泊台帳の管理なども義務付けられました。鍵の受け渡しサービスは新法にどう対応し、どこで導入されているのでしょうか?事例も交えながら、その動向をまとめました。

印刷業界に変革をもたらすシェアリングエコノミー BtoB領域で異彩を放つラクスルの実態とは!?

印刷業界に変革をもたらすシェアリングエコノミー BtoB領域で異彩を放つラクスルの実態とは!?

デジタル化やインターネットの普及による“紙離れ”や印刷需要の低下が進行する中、印刷業界に新なシェアビジネスが展開しています。BtoBプラットフォームとして成長を続けるラクスルが業界にもたらす変革とは。さらに配送業に展開するマッチングサービス「ハコベル」の概要をご紹介、企業としてのラクスルの今後についても考察します。

遂にスペースマーケットが民泊事業に本格参入!民泊解禁・自由化で急成長するマーケット―参入企業一覧まとめ―

遂にスペースマーケットが民泊事業に本格参入!民泊解禁・自由化で急成長するマーケット―参入企業一覧まとめ―

民泊合法化に伴い、さまざまな企業が民泊マーケットへ関心を寄せています。空きスペースをシェアするスペースマーケットも民泊事業へ本格参入。時間単位のスペースレンタルに宿泊をプラスすることで、どのようなサービス、どのようなビジネスになるのか、また、今後の成長が期待できる民泊マーケットへの参入企業についてもまとめました。

農業にもシェアリングのエコノミーの波!?ステレオタイプを打ち砕く新サービスが続々登場

農業にもシェアリングのエコノミーの波!?ステレオタイプを打ち砕く新サービスが続々登場

インターネットやビッグデータの活用によって、ますます勢いに乗って拡大しているシェアリングエコノミーは、いよいよ農業にも新しい動きをもたらしています。特に農業分野で注目したいのは、次々に生まれる既存のシェアエコの枠を超えた個性的なシェアリングエコノミーのスタイルです。

医療・介護にまつわるシェアリングエコノミー事例~超高齢化社会を救う新しい医療サービス~

医療・介護にまつわるシェアリングエコノミー事例~超高齢化社会を救う新しい医療サービス~

シェアリングエコノミーにおいて前人未踏の分野であった医療・介護業界。近年、国内外でさまざまな医療・介護のマッチングサービスが増えています。医療・介護現場の人材不足の深刻化と、資格を持ちながらそれを活かせない潜在層のマッチングは、今後の高齢化社会においても効率的な解決策といえるでしょう。その代表的な事例をご紹介します。

人気のシェアリングエコノミーの影にはつねに女性あり 注目サービス20選で見えてくる傾向と対策

人気のシェアリングエコノミーの影にはつねに女性あり 注目サービス20選で見えてくる傾向と対策

最近メディアでよく耳にするシェアリングエコノミー。これから拡大していくマーケットですが、まだはじまったばかりのサービスが多いです。にも関わらず、日常のなかにサービスをうまく取り入れている女性たちが増加中。話題のアプリを紹介しながら、アンケートや意識調査を交えて分析してみました。

エイチ・アイ・エスとコギコギがシェアサイクルサービスをスタート!シェアサイクル市場は更なる競争激化へ

エイチ・アイ・エスとコギコギがシェアサイクルサービスをスタート!シェアサイクル市場は更なる競争激化へ

H.I.S.ホテルホールディングス株式会社とコギコギ株式会社は、シェアサイクルサービスの提供において業務提携を行うと発表しました。シェアサイクル導入の動きは全国に広がっており、今後更なる盛り上がりを見せていくと予想されています。本記事では、エイチ・アイ・エスとコギコギ共同のシェアサイクルサービスについて解説します。

軒先から、パーティ会場まで!国内スペースシェアビジネスの事例7選

軒先から、パーティ会場まで!国内スペースシェアビジネスの事例7選

空きスペースを利用したスペースシェアが活況です。パーティ会場や軒先の貸出し、民泊、駐車場などの従来のベーシックなマッチングに加え、利用者へのコンシエルジュサービスを提供するなど、各社で差別化を図っています。今後、さらなる拡大が見込まれる国内のスペースシェアビジネスの最新の動向を紹介します。

シェアリングエコノミー向けの保険も誕生!進むリスク回避の動き

シェアリングエコノミー向けの保険も誕生!進むリスク回避の動き

利用者の増加とサービス内容の多様化により、トラブルも増えているシェアリングエコノミー系のサービス。そうしたトラブルに対するリスク回避の動きが高まってきています。広がるシェアリングエコノミーに呼応して誕生するリスク回避の動きを紹介します。

シェアリングエコノミーの国内導入事例集を政府が発表。 概要と注目事例3選

シェアリングエコノミーの国内導入事例集を政府が発表。 概要と注目事例3選

少子高齢化による地方の課題を解決する鍵として、シェアリングエコノミーが注目されています。シェアリングエコノミーを導入したことにより、一定の成果が現れている事例も出始めているようです。そこでこの記事では、政府の発表した国内事例集の概要と、注目すべき取り組みをご紹介します。

環境に優しく観光促進。自転車(サイクル)シェアリングの市場動向まとめ

環境に優しく観光促進。自転車(サイクル)シェアリングの市場動向まとめ

世界各地で導入されている自転車シェアリングは、日本でも、地方自治体や企業の導入が進んでいます。環境に優しく、交通渋滞緩和が期待され、ちょっとしたお出かけにも便利な自転車シェアリングは、観光産業にも貢献しています。各国の事例や、国内の導入事例、自転車シェアリングの便利なシステムや、メリット、今後の課題を見てみましょう。

乗り物シェアリング最新事情まとめ!国内外の自動車メーカーが続々と参入を表明

乗り物シェアリング最新事情まとめ!国内外の自動車メーカーが続々と参入を表明

2016年は世界の自動車・二輪メーカーが、続々と乗り物シェアリングに参入を表明しました。独自参入を始めた企業もあれば、シェアエコのスタートアップ企業と協業してカーシェアに乗り出した企業もあります。本記事ではGMやダイムラー、トヨタ、ホンダにフォーカスし、各社がどのように乗り物シェアに参入しているのか、見ていきましょう。

働き方改革を支えるシェアリングエコノミー ~日本人がもっと多様に働ける未来へ~

働き方改革を支えるシェアリングエコノミー ~日本人がもっと多様に働ける未来へ~

働き方改革の実現においても注目を集めるシェアリングエコノミー。不動産や車など資産の活用だけでなく、個人のスキルやリソースなどをシェアすることで、個人の趣味や得意分野を収入源にすることができます。正規雇用が必ずしも安定をもたらすとは限らない現代、シェアリングエコノミー普及によって変わるこれからの働き方を考えてみましょう。

わずか3日でシェアリングサービスを提供。シェアリングエコノミーを支える新サービス「いきなりシェアリングエコノミー」とは?

わずか3日でシェアリングサービスを提供。シェアリングエコノミーを支える新サービス「いきなりシェアリングエコノミー」とは?

シェアリングサービスをたったの3日で提供できるという新サービス「いきなりシェアリングエコノミー」が注目されています。開発にかかる時間的コストを削減し、高いクオリティの新規事業をスムーズに立ち上げることが可能です。今回はシェアリングエコノミーをサポートするサービスについて、その概要と実例をご紹介します。

東京五輪で民泊はどう変わる? 現状と課題、法整備について解説

東京五輪で民泊はどう変わる? 現状と課題、法整備について解説

日本中から期待が寄せられる2020年東京五輪。増加する訪日外国人旅行者の宿泊施設不足が懸念される中、「民泊」の普及によってその状況が変わろうとしています。この記事では、東京五輪に向けて需要が拡大する民泊の現状や課題、それを踏まえた民泊新法や旅館業法の改正など法整備の動きについてまとめました。

ANAがシェアリングエコノミーで地方創生を目指す。TABICAとの提携による取り組みとは

ANAがシェアリングエコノミーで地方創生を目指す。TABICAとの提携による取り組みとは

ANAは旅行・航空業界の中でも新しいイノベーションに積極的に挑戦している企業です。さまざまな事業者と提携する中で、体験シェアリングサイトのTABICAとも提携し、シェアリングエコノミーへ取り組む姿勢を見せています。ANAがシェアリングエコノミーに力を入れるのは一体なぜでしょうか。その理由について解説します。

リクルートも民泊に参入へ。国内の大手賃貸業者の民泊参入状況まとめ

リクルートも民泊に参入へ。国内の大手賃貸業者の民泊参入状況まとめ

リクルートがAirbnbと提携して民泊に参入することを発表しました。すでにいくつかの大手賃貸業者も民泊へ参入を表明しており、民泊をめぐる競争は加熱していくと思われます。リクルートをはじめとした賃貸業者はどのように民泊事業を進めていくのか、また国内の賃貸業者の民泊参入状況についても解説します。

現役の大学生が事業立ち上げ。AirBnB型レンタルサイクルモデルとは?

現役の大学生が事業立ち上げ。AirBnB型レンタルサイクルモデルとは?

海外で盛り上がっている自転車シェアビジネスが日本でも普及しはじめています。さまざまな企業や自治体が参画する中、学生が中心となって立ち上げた事業が発表されました。この新しい自転車を個人間でシェアする新しいレンタルサイクルモデルについて、事業内容や既存のサイクルシェアと異なる点をご紹介します。

事業者は押さえておきたい、シェアリングエコノミーが抱える課題と対応策まとめ

事業者は押さえておきたい、シェアリングエコノミーが抱える課題と対応策まとめ

遊休資産や時間、スキルを売買できるシェアリングエコノミーのサービスは、近年、急速に拡大しています。プラットフォームを通じて、今まで埋もれていた価値のあるものが、必要とする人に提供されています。しかし、新しい仕組みだからこそ課題やトラブルもあり、プラットフォームや行政も対策に追われています。課題はどのように対策されているのかを解説します。

シェアリングエコノミー時代の潮流に乗る「WeWork」 コワーキングスペースがもたらした働き方改革とは?

シェアリングエコノミー時代の潮流に乗る「WeWork」 コワーキングスペースがもたらした働き方改革とは?

コワーキングスペースを提供するNY発のスタートアップ「WeWork」がソフトバンクの出資やMicrosoftとの提携で話題を集めています。シェアリングエコノミーの潮流を知る上では欠かせない他、新しい働き方を実践する中でもヒントとなりそうな「WeWork」の魅力について探ってみました。

シェアリングエコノミー普及の助けとなるか。新しいマーケットプレイスが続々ローンチ

シェアリングエコノミー普及の助けとなるか。新しいマーケットプレイスが続々ローンチ

新規参入が難しいと言われるシェアリングエコノミーに、新たなマーケットプレイスが続々リリースされています。日本初のプラットフォームなど注目のサービスについて、シェアリングエコノミーの市場規模やプラットフォーム事業者の必要性などに触れつつご紹介します。

シェアリングエコノミーへの課税を政府が検討。今後の動向と海外の事例まとめ

シェアリングエコノミーへの課税を政府が検討。今後の動向と海外の事例まとめ

日本でも民泊が解禁されるなど、シェアリングエコノミーについての法整備が進んでいる一方で、税制面でのルール作りはまだ追いついていません。課税漏れの問題もあることで、政府はようやく対策の検討に入りました。課税への動きとの動向、国外における対策について解説します。

遂に民泊新法が成立!その概要と施行時期、気になる今後の市場動向

遂に民泊新法が成立!その概要と施行時期、気になる今後の市場動向

シェアリングエコノミーの旗手である民泊市場に関して、待ちに待った民泊新法が成立しました。世界でも人気の旅行先のひとつになった日本の民泊市場において、新法が求められた理由と成立までの経緯、いつから施行されるのかから施行後の市場動向まで、今知っておくべき民泊市場の流れを解説します。

大手企業もスキルシェアに続々参入。IKEAがタスクラビット買収でマーケット拡大

大手企業もスキルシェアに続々参入。IKEAがタスクラビット買収でマーケット拡大

家具メーカーのIKEAが家事代行サービスのタスクラビットを買収しました。大手企業もスキルシェア、シェアリングエコノミー分野への参入を積極的に行っています。大手企業がシェアリングエコノミーに参入する背景やメリット、それに伴うマーケットの変化を見てみましょう。

地方自治体にも広がる、シェアリングエコノミー活用の動きと導入事例

地方自治体にも広がる、シェアリングエコノミー活用の動きと導入事例

地方自治体でシェアリングエコノミーを活用する動きが活発です。国としても推進のための施策を行い、2016年には5自治体が「シェアリングシティ宣言」をしています。地方の行政からも注目されているシェアリングエコノミーの広がりを、導入事例とともに解説します。

アジアで広がるライドシェア、Uber台湾・中国・香港のビジネスモデルを比較検証

アジアで広がるライドシェア、Uber台湾・中国・香港のビジネスモデルを比較検証

世界中にその提供範囲を広げるライドシェアUberの、台湾・中国・香港におけるサービス展開を比較して紹介します。法規制や既存のタクシー業界、競合他社との関係性の違いや、Uberがサービスを開始して以降報じられてきたニュースを交えて、最近の動向をまとめました。

「新経済連盟」とは? シェアリングエコノミーの推進を政府に提言する動きに注目

「新経済連盟」とは? シェアリングエコノミーの推進を政府に提言する動きに注目

新経済連盟は、IT活用などを軸とした新産業の発展を推進する新しい経済団体です。シェアリングエコノミーの発展も目指しており、法整備に向けた提言を積極的に行っています。ネット関連の新興企業や有名な大手企業も加盟する新経済連盟とはいったいどのような団体なのか。その活動や提案内容を解説します。

旅行系シェアリングエコノミー事業が続々とリリース!大手企業参入でさらに盛り上がる観光関連のシェア

旅行系シェアリングエコノミー事業が続々とリリース!大手企業参入でさらに盛り上がる観光関連のシェア

2020年の東京オリンピックに向けて、年々増加している訪日外国人旅行者。宿泊施設やガイドの不足が懸念されるなか、民泊をはじめとしたCtoC旅行系シェアリングエコノミーサービスが注目を集めています。この記事では、大手企業の参入によって盛り上がる旅行系シェアビジネスについてまとめました。

中国発自転車シェアリングサービス「モバイク(mobike)」が日本上陸!中国の都市交通を変えたサイクルシェアの実態とは?

中国発自転車シェアリングサービス「モバイク(mobike)」が日本上陸!中国の都市交通を変えたサイクルシェアの実態とは?

中国では手軽な移動手段として爆発的な人気を誇るサイクルシェアサービス。その主要事業者の一つである「モバイク(mobike)」が2017年8月、日本に初上陸します。中国国内の都市交通や環境問題にも影響を与えるサイクルシェアの実態について見ていきましょう。

福利厚生会員428万人のシェアリングエコノミー モノ・スキルマッチングアプリ「Worker’s Market」が始動

福利厚生会員428万人のシェアリングエコノミー モノ・スキルマッチングアプリ「Worker's Market」が始動

これまでのシェアリングエコノミーサービスはオープンなプラットフォームでしたが、今回登場した福利厚生サービスの「Worker's Market」は、428万人の福利厚生会員向けに展開されています。「Worker's Market」の特徴やシェアリングエコノミーサービスがいかに成長しているかを見てみましょう。

爆発的に成長する中国のシェアリングエコノミー市場!その背景と日本との違い

爆発的に成長する中国のシェアリングエコノミー市場!その背景と日本との違い

2016年度の中国におけるシェアリングエコノミー市場は前年に比べ103%増と飛躍的に増加し、2020年にはその取引額がGDP(国内総生産)の10%以上なると予想されています。中国のシェアリングエコノミーがここまで急速に拡大した背景にあるものは何か、会社、国、国民の三方向から探ります。

「日本再興戦略2016」とは? シェアリングエコノミー推進など第4次産業革命に向けた施策が閣議決定

「日本再興戦略2016」とは? シェアリングエコノミー推進など第4次産業革命に向けた施策が閣議決定

政府が掲げる名目GDP600兆円を目指す成長戦略「日本再考戦略2016」の中でも、新たに有望な成長市場として注目されるシェアリングエコノミー市場。日本再考戦略2016で政府が実現したいものは何か、シェアリングエコノミーに関わるどのような施策が提言され、閣議決定後はどんな動きがあるのかをまとめました。

マーケットプレイスとは? 服やスキル、空きスペースのシェアを支える電子取引市場に迫る

マーケットプレイスとは? 服やスキル、空きスペースのシェアを支える電子取引市場に迫る

CtoCビジネスが活発となっている中、マーケットプレイスの歴史や日本ではどのようなマーケットプレイスが利用されているのか、どのような売り手と買い手のマッチングサービスを提供しているのか、そして、売り手と買い手の顔が見えないマーケットプレイスでのトラブルを見てみましょう。

なぜ本人認証がシェアリングエコノミー事業に必要なのか? 『TRUST DOCK』を提供する専門家が語る重要性とは

なぜ本人認証がシェアリングエコノミー事業に必要なのか? 『TRUST DOCK』を提供する専門家が語る重要性とは

民泊解禁など法制度も含め注目が集まるシェアリングエコノミー。そんなシェアリングエコノミー業界において今後必須になるといわれている、本人認証サービス『TRUST DOCK』を手がける株式会社ガイアックスの菊池梓氏に、本人認証の重要性と、今後求められる本人認証の役割について伺いました。

事業者必見、「シェアリングエコノミー認証制度」の基本から申請方法まとめ

事業者必見、「シェアリングエコノミー認証制度」の基本から申請方法まとめ

内閣官房情報通信技術総合戦略室が発表したシェアリングエコノミーの自主ガイドラインを基準として、シェアリングエコノミー協会は2017年6月に認証制度を制定しました。政府が後押しする自主的ルールの制定とはどんなものなのか、今回はその内容と申請方法など事業者が得られるメリットをまとめました。

家事シェアサービス大手「ANYTIMES」が対面型店舗「BEARS」と提携。暮らしに寄り添う「安心」「安全」なサービス提供の拡大へ

家事シェアサービス大手「ANYTIMES」が対面型店舗「BEARS」と提携。暮らしに寄り添う「安心」「安全」なサービス提供の拡大へ

家事シェアサービス大手「ANYTIMES」が、家事代行「Bears」と提携。個人にいきなりお願いするには、抵抗があるというニーズを受けて、法人との連携をスタートしました。シェアエコプラットフォームは、これまでオンライン上が主流でしたが、店舗型事業者との提携で、安心面の課題が解決され、利用者が拡大すると予想されます。

急成長遂げるフリマアプリまとめ ”巨大中古市場”の実態に迫る

急成長遂げるフリマアプリまとめ ”巨大中古市場”の実態に迫る

シェアリングエコノミーといえば民泊や乗り物などが思い浮びますが、今は不用品もその対象となっています。ここ数年で業界として大きく成長を遂げている「フリマアプリ」の存在によって、新たなシェアリングエコノミーの可能性が生まれつつあります。個人が不用になったモノが気軽に売買できる、そんな新しいビジネススタイルに注目しました。

新法を見据えて期待が高まる民泊業界 運営者のための情報サービス「エキサイト民泊」が始動!

新法を見据えて期待が高まる民泊業界 運営者のための情報サービス「エキサイト民泊」が始動!

シェアリングエコノミーの誕生と、宿泊施設への需要がマッチして、現在の民泊ビジネスが登場しました。個人対個人の取引は、今や拡大していく一方です。しかし法整備が整っていなかったため様々な問題も発覚。その問題に楔をうつ新法の制定と、規制緩和が決定しました。この一報を受けてエキサイト社が民泊ビジネスに参入する模様です。

「所有」から「共有」へ、地方課題の解決や地方創生を担うシェアリングエコノミーのカタチ

「所有」から「共有」へ、地方課題の解決や地方創生を担うシェアリングエコノミーのカタチ

地方における人口減少や高齢化、過疎化が叫ばれて久しい昨今、地方創生の担い手としてのシェアリングエコノミーに国政規模で注目が集まっています。「所有」から「共有」へのシフトで、あらゆる遊休資産の新しい価値を生み出し続けるシェアエコビジネス。その様々なカタチを各事例とあわせてご紹介します。

大手企業のシェアリングエコノミー事業運営に必要な体制は? 関連サポートサービスまとめ

大手企業のシェアリングエコノミー事業運営に必要な体制は? 関連サポートサービスまとめ

昨今、スタートアップ企業によるシェアリングエコノミーサービスの立ち上げだけでなく、大手企業がシェアリングエコノミー業界に参入するケースが見られるようになりました。大手企業のシェアリングエコノミー事業参画における問題やそれを回避するための考え方について解説します。

シェアリングエコノミーに新たな風 リクルートが新サービスで駐車場シェアへ参入

シェアリングエコノミーに新たな風 リクルートが新サービスで駐車場シェアへ参入

急成長しているシェアリングエコノミー市場で、今話題となっているのが駐車場のシェアリングサービス。2016年には大手企業の参入が相次ぐ中、ついにリクルートも駐車場サービスを開始します。「SUUMO」のネットワークを駐車場シェアにどう生かせるか、駐車場シェアリング市場の現況とともにリポートします。

個人の空きスペースで荷物を管理するシェアリングエコノミー「monooQ」とは?

個人の空きスペースで荷物を管理するシェアリングエコノミー「monooQ」とは?

「預けたい時に預けられる場所がなかった」という設立者自身の体験から誕生した新しいシェアリングサービス「monooQ」。自宅や店舗の空きスペースを貸し出すという新しい発想で、今注目されている新サービスです。その概要と魅力をまとめました。

サービスの共有を学ぶための「シェアリングエコノミーの学校」が開講?

サービスの共有を学ぶための「シェアリングエコノミーの学校」が開講?

シェアリングエコノミーの1つのカテゴリともいえるC2Cサービス。そのプラットフォーマーとして知られるメルカリや地方自治体が協力し「シェアリングエコノミーの学校」を開設しました。どこで、どんなことが学べる学校なのでしょうか。またメルカリが提供するC2Cのサービス市場の今に迫ります。

盛り上がる自転車シェアリング セブンイレブンがドコモ子会社との協業でサービスを順次拡大!

盛り上がる自転車シェアリング セブンイレブンがドコモ子会社との協業でサービスを順次拡大!

セブンイレブンがドコモ・バイクシェアと組み、店舗に自転車シェアリングのポート設置を展開していく計画が発表されました。すでに広域相互利用が可能になっている都内6区の実験プログラムにも参加していく予定です。2016年から日本で加速する自転車シェアリングの普及に迫ります。

Airbnb補償を上回る民泊専用保険が登場 民泊新法で国内のルールはどう変わっていくのか!?

Airbnb補償を上回る民泊専用保険が登場 民泊新法で国内のルールはどう変わっていくのか!?

世界に波及するシェアリングエコノミーの先駆けとして、日本でも広く浸透し始めた民泊。Airbnbが提供するユーザーに対する保証を上回るという日本で初めての民泊専用保険の内容と、2017年には成立する予定の民泊新法のあらましを見ていきましょう。

シェアリングエコノミーを学ぶ シニア層に普及するデジタルプラットフォーム

シェアリングエコノミーを学ぶ シニア層に普及するデジタルプラットフォーム

少子高齢化、人口減少が深刻化している日本。既存の地域活性の仕組みではすでに解決しきれなくなっています。そんな中で普及が進んでいるシェアリングエコノミーサービスは地域課題解決の新たな手法として注目されています。今回は高齢者が安心して暮らせる地域を目指していくためにシェアリングエコノミーが担う役割や導入事例を紹介します。

シェアリングエコノミー普及の懸け橋へ 金融ビジネス分野に期待される今後の役割とは?

シェアリングエコノミー普及の懸け橋へ 金融ビジネス分野に期待される今後の役割とは?

近年、世界中で急速に普及するシェアリングエコノミー。そのシェアリングエコノミーの中核分野の一つになるであろう金融サービスが担う役割・責任とはどのようなものなのか、また、金融サービスとシェアリングエコノミーが連携することにより、もたらす効果とは何なのかを考察していきます。

Airbnbが旅行比較サイトと国内初提携!海外の一戸建て、アパート、ユニークな宿泊施設の一括検索も可能に

Airbnbが旅行比較サイトと国内初提携!海外の一戸建て、アパート、ユニークな宿泊施設の一括検索も可能に

海外では既に、人気を不動のものにしている民泊シェアの最大手「Airbnb」。そのAirbnbが日本の旅行比較サイト2社「トラベルコ」「Travel.jp」と提携を結び、一般のホテルや宿泊施設と並んで、海外の登録施設の情報を提供できることに。今後日本国内でも民泊シェア市場がより活気づくのでは、と期待が高まっています。

Airbnbの新サービス「Trips」東京など世界12都市で体験ツアーを提供開始!

Airbnbの新サービス「Trips」東京など世界12都市で体験ツアーを提供開始!

2016年11月にAirbnbがリリースした新サービス「トリップ(Trips)」とはどんなものでしょうか。Uberと並んでシェアリングエコノミーを牽引するAirbnbのサービス内容と抱える問題と併せて、Tripsはどんなサービスなのか、Tripsによってユーザーはどんなことが可能になるのか、Airbnbの今をまとめました。

空き家の有効活用へ カーシェアリングビジネスが新たな道を開拓

空き家の有効活用へ カーシェアリングビジネスが新たな道を開拓

カーシェアとスペースシェアのアイディアを結合し、「空き家」を駐車場として活用する新しいタイプのシェアリングビジネスが誕生しています。単純に駐車場をシェアできるだけではなく、空き家問題や地域社会の治安改善にも役立つ可能性を持ったサービスは、今後どのように展開されていくのでしょうか。

地上交通から空へ ウーバーが見据えるライドシェアの未来とは?

地上交通から空へ ウーバーが見据えるライドシェアの未来とは?

個人が保有している遊休資産を有効活用できるサービス」として世界で拡がりつつある、「シェアリングエコノミー」。本記事では、その中でもライドシェアサービスの最大手である米国の「Uber Technologies」のサービスについて、具体的にどのようなサービスを展開しているのか、また将来の構想についてご紹介します。

シェアリングエコノミーの最先端!世界が注目する「シェアリングシティ」の実態とは!?

シェアリングエコノミーの最先端!世界が注目する「シェアリングシティ」の実態とは!?

年々市場規模が拡大しているシェアリングエコノミーを、都市政策として取り組む都市が世界で増えています。今回は世界に先駆けてシェアリングシティ宣言をした韓国の首都ソウルと、Uberがヨーロッパ本部を構えているアムステルダムから、シェアリングシティの実態を紹介するとともに、日本版シェアリングシティ誕生の可能性を探ります。

訪日外国人観光客が注目する国内のシェアリングエコノミーサービスとは

訪日外国人観光客が注目する国内のシェアリングエコノミーサービスとは

日本国内における話題性の高さなどから、シェアリングエコノミーサービスを試験的に利用する人が増加していますが、それに比例するように訪日外国人による日本国内のシェアリングエコノミーサービスの利用も増加しています。この記事では、訪日外国人によるシェアリングエコノミーサービス利用の市場予測や注目されている国内のシェアリングエコノミーサービスなどを紹介していきます。

新宿区が遂に自転車(サイクル)シェアリングへ!都内5区の連携で広域のポートマップを実現

新宿区が遂に自転車(サイクル)シェアリングへ!都内5区の連携で広域のポートマップを実現

江東区・中央区・千代田区・港区が開始した自転車シェアリングが、遂に2016年新宿区でも利用可能になりました。都市部での短距離移動や、観光地での活用に期待が集まる自転車シェアリングの国内動向を、海外の導入事例とともに紹介します。

前年度比22.4%増!右肩上がりの国内シェアエコ市場

前年度比22.4%増!右肩上がりの国内シェアエコ市場

2015年は日本のシェアリングエコノミー元年といわれ、海外からはAirbnbやUberなどのユニコーンが上陸し、日本発の新しいサービスも誕生しました。今後、国による大々的な規制緩和が見込まれ、一層の賑わいを見せる国内市場。スタートアップ企業が繰り広げるサービスの多様化と、普及によって見えてきた消費者のニーズを解説していきます。

日本の先を行く!世界が注目するシェアリングエコノミー

日本の先を行く!世界が注目するシェアリングエコノミー

新しいシェアリングエコノミーのビジネスが次々と誕生し、関連した国内外のイベントも盛況です。日本でも来るべき東京オリンピックに備えて、新しいシェアリングサービスが芽生えていく可能性があります。そういった社会的なトレンドを踏まえ、最近海外で注目を浴びているシェアリングエコノミーについてご紹介します。

物流業界に広がるシェアリングエコノミー

物流業界に広がるシェアリングエコノミー

カーシェアリングというスキームでシェアリングエコノミーを牽引している運輸業界では、車を使った人のモビリティだけでなく、物流にも変化が現れ始めました。また同じ業界内で巨大な産業を担う航空事業、海運事業に明暗が分かれているという現状にも迫ります。

少子高齢化を支えるシェアリングエコノミーの経済合理性とは

少子高齢化を支えるシェアリングエコノミーの経済合理性とは

日本の総人口減少や高齢者割合・未婚率上昇、及び耐久消費財の残余といった時代背景から、今後のシェアリングエコノミーの需要について、車や家具などの例を挙げながらまとめました。さらに経済的なメリットや、必要な時に必要な分だけという考えなどからシェアリングエコノミーは拡大していくと考察しています。