ニュース

Sharing economy news

事業者必見、「シェアリングエコノミー認証制度」の基本から申請方法まとめ

事業者必見、「シェアリングエコノミー認証制度」の基本から申請方法まとめ

内閣官房情報通信技術総合戦略室が発表したシェアリングエコノミーの自主ガイドラインを基準として、シェアリングエコノミー協会は2017年6月に認証制度を制定しました。政府が後押しする自主的ルールの制定とはどんなものなのか、今回はその内容と申請方法など事業者が得られるメリットをまとめました。

事業者は押さえておきたい、シェアリングエコノミーが抱える課題と対応策まとめ

事業者は押さえておきたい、シェアリングエコノミーが抱える課題と対応策まとめ

遊休資産や時間、スキルを売買できるシェアリングエコノミーのサービスは、近年、急速に拡大しています。プラットフォームを通じて、今まで埋もれていた価値のあるものが、必要とする人に提供されています。しかし、新しい仕組みだからこそ課題やトラブルもあり、プラットフォームや行政も対策に追われています。課題はどのように対策されているのかを解説します。

家事シェアサービス大手「ANYTIMES」が対面型店舗「BEARS」と提携。暮らしに寄り添う「安心」「安全」なサービス提供の拡大へ

家事シェアサービス大手「ANYTIMES」が対面型店舗「BEARS」と提携。暮らしに寄り添う「安心」「安全」なサービス提供の拡大へ

家事シェアサービス大手「ANYTIMES」が、家事代行「Bears」と提携。個人にいきなりお願いするには、抵抗があるというニーズを受けて、法人との連携をスタートしました。シェアエコプラットフォームは、これまでオンライン上が主流でしたが、店舗型事業者との提携で、安心面の課題が解決され、利用者が拡大すると予想されます。

急成長遂げるフリマアプリまとめ ”巨大中古市場”の実態に迫る

急成長遂げるフリマアプリまとめ ”巨大中古市場”の実態に迫る

シェアリングエコノミーといえば民泊や乗り物などが思い浮びますが、今は不用品もその対象となっています。ここ数年で業界として大きく成長を遂げている「フリマアプリ」の存在によって、新たなシェアリングエコノミーの可能性が生まれつつあります。個人が不用になったモノが気軽に売買できる、そんな新しいビジネススタイルに注目しました。

環境に優しく観光促進。自転車(サイクル)シェアリングの市場動向まとめ

環境に優しく観光促進。自転車(サイクル)シェアリングの市場動向まとめ

世界各地で導入されている自転車シェアリングは、日本でも、地方自治体や企業の導入が進んでいます。環境に優しく、交通渋滞緩和が期待され、ちょっとしたお出かけにも便利な自転車シェアリングは、観光産業にも貢献しています。各国の事例や、国内の導入事例、自転車シェアリングの便利なシステムや、メリット、今後の課題を見てみましょう。

新法を見据えて期待が高まる民泊業界 運営者のための情報サービス「エキサイト民泊」が始動!

新法を見据えて期待が高まる民泊業界 運営者のための情報サービス「エキサイト民泊」が始動!

シェアリングエコノミーの誕生と、宿泊施設への需要がマッチして、現在の民泊ビジネスが登場しました。個人対個人の取引は、今や拡大していく一方です。しかし法整備が整っていなかったため様々な問題も発覚。その問題に楔をうつ新法の制定と、規制緩和が決定しました。この一報を受けてエキサイト社が民泊ビジネスに参入する模様です。

マーケットプレイスとは? 服やスキル、空きスペースのシェアを支える電子取引市場に迫る

マーケットプレイスとは? 服やスキル、空きスペースのシェアを支える電子取引市場に迫る

CtoCビジネスが活発となっている中、マーケットプレイスの歴史や日本ではどのようなマーケットプレイスが利用されているのか、どのような売り手と買い手のマッチングサービスを提供しているのか、そして、売り手と買い手の顔が見えないマーケットプレイスでのトラブルを見てみましょう。

「所有」から「共有」へ、地方課題の解決や地方創生を担うシェアリングエコノミーのカタチ

「所有」から「共有」へ、地方課題の解決や地方創生を担うシェアリングエコノミーのカタチ

地方における人口減少や高齢化、過疎化が叫ばれて久しい昨今、地方創生の担い手としてのシェアリングエコノミーに国政規模で注目が集まっています。「所有」から「共有」へのシフトで、あらゆる遊休資産の新しい価値を生み出し続けるシェアエコビジネス。その様々なカタチを各事例とあわせてご紹介します。

大手企業のシェアリングエコノミー事業運営に必要な体制は? 関連サポートサービスまとめ

大手企業のシェアリングエコノミー事業運営に必要な体制は? 関連サポートサービスまとめ

昨今、スタートアップ企業によるシェアリングエコノミーサービスの立ち上げだけでなく、大手企業がシェアリングエコノミー業界に参入するケースが見られるようになりました。大手企業のシェアリングエコノミー事業参画における問題やそれを回避するための考え方について解説します。

シェアリングエコノミーに新たな風 リクルートが新サービスで駐車場シェアへ参入

シェアリングエコノミーに新たな風 リクルートが新サービスで駐車場シェアへ参入

急成長しているシェアリングエコノミー市場で、今話題となっているのが駐車場のシェアリングサービス。2016年には大手企業の参入が相次ぐ中、ついにリクルートも駐車場サービスを開始します。「SUUMO」のネットワークを駐車場シェアにどう生かせるか、駐車場シェアリング市場の現況とともにリポートします。

個人の空きスペースで荷物を管理するシェアリングエコノミー「monooQ」とは?

個人の空きスペースで荷物を管理するシェアリングエコノミー「monooQ」とは?

「預けたい時に預けられる場所がなかった」という設立者自身の体験から誕生した新しいシェアリングサービス「monooQ」。自宅や店舗の空きスペースを貸し出すという新しい発想で、今注目されている新サービスです。その概要と魅力をまとめました。

爆発的に成長する中国のシェアリングエコノミー市場!その背景と日本との違い

爆発的に成長する中国のシェアリングエコノミー市場!その背景と日本との違い

2016年度の中国におけるシェアリングエコノミー市場は前年に比べ103%増と飛躍的に増加し、2020年にはその取引額がGDP(国内総生産)の10%以上なると予想されています。中国のシェアリングエコノミーがここまで急速に拡大した背景にあるものは何か、会社、国、国民の三方向から探ります。

サービスの共有を学ぶための「シェアリングエコノミーの学校」が開講?

サービスの共有を学ぶための「シェアリングエコノミーの学校」が開講?

シェアリングエコノミーの1つのカテゴリともいえるC2Cサービス。そのプラットフォーマーとして知られるメルカリや地方自治体が協力し「シェアリングエコノミーの学校」を開設しました。どこで、どんなことが学べる学校なのでしょうか。またメルカリが提供するC2Cのサービス市場の今に迫ります。

人気のシェアリングエコノミーの影にはつねに女性あり 注目サービス15選で見えてくる傾向と対策

人気のシェアリングエコノミーの影にはつねに女性あり 注目サービス15選で見えてくる傾向と対策

最近メディアでよく耳にするシェアリングエコノミー。これから拡大していくマーケットですが、まだはじまったばかりのサービスが多いです。にも関わらず、日常のなかにサービスをうまく取り入れている女性たちが増加中。話題のアプリを紹介しながら、アンケートや意識調査を交えて分析してみました。

盛り上がる自転車シェアリング セブンイレブンがドコモ子会社との協業でサービスを順次拡大!

盛り上がる自転車シェアリング セブンイレブンがドコモ子会社との協業でサービスを順次拡大!

セブンイレブンがドコモ・バイクシェアと組み、店舗に自転車シェアリングのポート設置を展開していく計画が発表されました。すでに広域相互利用が可能になっている都内6区の実験プログラムにも参加していく予定です。2016年から日本で加速する自転車シェアリングの普及に迫ります。

Airbnb補償を上回る民泊専用保険が登場 民泊新法で国内のルールはどう変わっていくのか!?

Airbnb補償を上回る民泊専用保険が登場 民泊新法で国内のルールはどう変わっていくのか!?

世界に波及するシェアリングエコノミーの先駆けとして、日本でも広く浸透し始めた民泊。Airbnbが提供するユーザーに対する保証を上回るという日本で初めての民泊専用保険の内容と、2017年には成立する予定の民泊新法のあらましを見ていきましょう。

シェアリングエコノミーを学ぶ シニア層に普及するデジタルプラットフォーム

シェアリングエコノミーを学ぶ シニア層に普及するデジタルプラットフォーム

少子高齢化、人口減少が深刻化している日本。既存の地域活性の仕組みではすでに解決しきれなくなっています。そんな中で普及が進んでいるシェアリングエコノミーサービスは地域課題解決の新たな手法として注目されています。今回は高齢者が安心して暮らせる地域を目指していくためにシェアリングエコノミーが担う役割や導入事例を紹介します。

シェアリングエコノミー普及の懸け橋へ 金融ビジネス分野に期待される今後の役割とは?

シェアリングエコノミー普及の懸け橋へ 金融ビジネス分野に期待される今後の役割とは?

近年、世界中で急速に普及するシェアリングエコノミー。そのシェアリングエコノミーの中核分野の一つになるであろう金融サービスが担う役割・責任とはどのようなものなのか、また、金融サービスとシェアリングエコノミーが連携することにより、もたらす効果とは何なのかを考察していきます。

Airbnbが旅行比較サイトと国内初提携!海外の一戸建て、アパート、ユニークな宿泊施設の一括検索も可能に

Airbnbが旅行比較サイトと国内初提携!海外の一戸建て、アパート、ユニークな宿泊施設の一括検索も可能に

海外では既に、人気を不動のものにしている民泊シェアの最大手「Airbnb」。そのAirbnbが日本の旅行比較サイト2社「トラベルコ」「Travel.jp」と提携を結び、一般のホテルや宿泊施設と並んで、海外の登録施設の情報を提供できることに。今後日本国内でも民泊シェア市場がより活気づくのでは、と期待が高まっています。

乗り物シェアリング最新事情まとめ!国内外の自動車メーカーが続々と参入を表明

乗り物シェアリング最新事情まとめ!国内外の自動車メーカーが続々と参入を表明

2016年は世界の自動車・二輪メーカーが、続々と乗り物シェアリングに参入を表明しました。独自参入を始めた企業もあれば、シェアエコのスタートアップ企業と協業してカーシェアに乗り出した企業もあります。本記事ではGMやダイムラー、トヨタ、ホンダにフォーカスし、各社がどのように乗り物シェアに参入しているのか、見ていきましょう。

Airbnbの新サービス「Trips」東京など世界12都市で体験ツアーを提供開始!

Airbnbの新サービス「Trips」東京など世界12都市で体験ツアーを提供開始!

2016年11月にAirbnbがリリースした新サービス「トリップ(Trips)」とはどんなものでしょうか。Uberと並んでシェアリングエコノミーを牽引するAirbnbのサービス内容と抱える問題と併せて、Tripsはどんなサービスなのか、Tripsによってユーザーはどんなことが可能になるのか、Airbnbの今をまとめました。

空き家の有効活用へ カーシェアリングビジネスが新たな道を開拓

空き家の有効活用へ カーシェアリングビジネスが新たな道を開拓

カーシェアとスペースシェアのアイディアを結合し、「空き家」を駐車場として活用する新しいタイプのシェアリングビジネスが誕生しています。単純に駐車場をシェアできるだけではなく、空き家問題や地域社会の治安改善にも役立つ可能性を持ったサービスは、今後どのように展開されていくのでしょうか。

地上交通から空へ ウーバーが見据えるライドシェアの未来とは?

地上交通から空へ ウーバーが見据えるライドシェアの未来とは?

個人が保有している遊休資産を有効活用できるサービス」として世界で拡がりつつある、「シェアリングエコノミー」。本記事では、その中でもライドシェアサービスの最大手である米国の「Uber Technologies」のサービスについて、具体的にどのようなサービスを展開しているのか、また将来の構想についてご紹介します。

高齢化社会を担う新しい力へ シェアリングエコノミー型の介護・生活支援サービスがオープン

高齢化社会を担う新しい力へ シェアリングエコノミー型の介護・生活支援サービスがオープン

高齢化社会へと変化する中、日本の介護保険の範囲では利用者が満足のいくサービスを受けにくい現状があります。そういった社会状況を背景に、シェアリングエコノミー型の介護サービスが新しく登場しました。シェアエコ型介護サービス「CrowdCare」は、高齢化社会の問題解決に一役買う存在になるのでしょうか。

シェアリングエコノミーの最先端!世界が注目する「シェアリングシティ」の実態とは!?

シェアリングエコノミーの最先端!世界が注目する「シェアリングシティ」の実態とは!?

年々市場規模が拡大しているシェアリングエコノミーを、都市政策として取り組む都市が世界で増えています。今回は世界に先駆けてシェアリングシティ宣言をした韓国の首都ソウルと、Uberがヨーロッパ本部を構えているアムステルダムから、シェアリングシティの実態を紹介するとともに、日本版シェアリングシティ誕生の可能性を探ります。

訪日外国人観光客が注目する国内のシェアリングエコノミーサービスとは

訪日外国人観光客が注目する国内のシェアリングエコノミーサービスとは

日本国内における話題性の高さなどから、シェアリングエコノミーサービスを試験的に利用する人が増加していますが、それに比例するように訪日外国人による日本国内のシェアリングエコノミーサービスの利用も増加しています。この記事では、訪日外国人によるシェアリングエコノミーサービス利用の市場予測や注目されている国内のシェアリングエコノミーサービスなどを紹介していきます。

新宿区が遂に自転車(サイクル)シェアリングへ!都内5区の連携で広域のポートマップを実現

新宿区が遂に自転車(サイクル)シェアリングへ!都内5区の連携で広域のポートマップを実現

江東区・中央区・千代田区・港区が開始した自転車シェアリングが、遂に2016年新宿区でも利用可能になりました。都市部での短距離移動や、観光地での活用に期待が集まる自転車シェアリングの国内動向を、海外の導入事例とともに紹介します。

前年度比22.4%増!右肩上がりの国内シェアエコ市場

前年度比22.4%増!右肩上がりの国内シェアエコ市場

2015年は日本のシェアリングエコノミー元年といわれ、海外からはAirbnbやUberなどのユニコーンが上陸し、日本発の新しいサービスも誕生しました。今後、国による大々的な規制緩和が見込まれ、一層の賑わいを見せる国内市場。スタートアップ企業が繰り広げるサービスの多様化と、普及によって見えてきた消費者のニーズを解説していきます。

農業にもシェアリングのエコノミーの波!?ステレオタイプを打ち砕く新サービスが続々登場

農業にもシェアリングのエコノミーの波!?ステレオタイプを打ち砕く新サービスが続々登場

インターネットやビッグデータの活用によって、ますます勢いに乗って拡大しているシェアリングエコノミーは、いよいよ農業にも新しい動きをもたらしています。特に農業分野で注目したいのは、次々に生まれる既存のシェアエコの枠を超えた個性的なシェアリングエコノミーのスタイルです。

日本の先を行く!世界が注目するシェアリングエコノミー

日本の先を行く!世界が注目するシェアリングエコノミー

新しいシェアリングエコノミーのビジネスが次々と誕生し、関連した国内外のイベントも盛況です。日本でも来るべき東京オリンピックに備えて、新しいシェアリングサービスが芽生えていく可能性があります。そういった社会的なトレンドを踏まえ、最近海外で注目を浴びているシェアリングエコノミーについてご紹介します。

物流業界に広がるシェアリングエコノミー

物流業界に広がるシェアリングエコノミー

カーシェアリングというスキームでシェアリングエコノミーを牽引している運輸業界では、車を使った人のモビリティだけでなく、物流にも変化が現れ始めました。また同じ業界内で巨大な産業を担う航空事業、海運事業に明暗が分かれているという現状にも迫ります。

シェアリングエコノミー向けの保険も誕生!進むリスク回避の動き

シェアリングエコノミー向けの保険も誕生!進むリスク回避の動き

利用者の増加とサービス内容の多様化により、トラブルも増えているシェアリングエコノミー系のサービス。そうしたトラブルに対するリスク回避の動きが高まってきています。広がるシェアリングエコノミーに呼応して誕生するリスク回避の動きを紹介します。

カーシェアリング業界とレンタカー業界の違い 利用形態の違いに起因

カーシェアリング業界とレンタカー業界の違い 利用形態の違いに起因

1980年代に欧州で普及し始めたカーシェア。国内での成長は2002年に会員数がたった50人でしたが、2016年には約86万人まで増加し、利用は年々拡大しています。「便利」「エコ」「経済的」というイメージの強いカーシェアは、レンタカー業界とはどのように違うのでしょうか、そしてどのような事業特性があるのでしょうか。現在の状況をまとめました。

Airbnbが語る「市場の民主化」とは

Airbnbが語る「市場の民主化」とは

世界各国でサービス提供されているAirbnb。日本国内での成長は、Airbnb創業者も注目するほど勢いを増しています。増加する訪日外国人観光客と共に需要が見込まれる民泊ですが、未だ法制度についての議論が繰り返されており、その位置が定まっていないのが現状です。Airbnbが国内で市場を拡大していくには、果たしてどのような課題をクリアしなければならないのでしょうか。

デジタル格差が生む「シェアの闇」と「潜在ニーズ」

デジタル格差が生む「シェアの闇」と「潜在ニーズ」

人々の生活を便利にし、購入・消費の経済を共有へと移行させているシェアリングエコノミー。アメリカの「ピュー・リサーチ・センター」の調査で、そんなシェアリングエコノミーにまつわる言葉について、聞いたことがないと回答した未経験セグメントが存在することが明らかになりました。日本においても類似したデジタル格差は見られます。その要因とセグメントの分析などを検証しました。

少子高齢化を支えるシェアリングエコノミーの経済合理性とは

少子高齢化を支えるシェアリングエコノミーの経済合理性とは

日本の総人口減少や高齢者割合・未婚率上昇、及び耐久消費財の残余といった時代背景から、今後のシェアリングエコノミーの需要について、車や家具などの例を挙げながらまとめました。さらに経済的なメリットや、必要な時に必要な分だけという考えなどからシェアリングエコノミーは拡大していくと考察しています。