シェアリングエコノミー関連記事一覧

ヒト、モノ、場所 ジャンル別シェアリングエコノミービジネスまとめ

ヒト、モノ、場所 ジャンル別シェアリングエコノミービジネスまとめ

本記事では、シェアリングエコノミーの一部と認識されていないものを大まかに①モノのシェア②スペースのシェア③リソースのシェア④移動のシェアの4つの領域に分けて、実際のサイトを用いて各ビジネスモデルを紹介しています。また類似のサイトの紹介や今後の業界の将来性についても考察しています。

捨てずに売る・貸す 新しいシェアリングビジネスとは

捨てずに売る・貸す 新しいシェアリングビジネスとは

日本ではすでに、洋服のレンタルや使わなくなった物を譲るなど、モノをシェアは広く普及しています。最近では、消費税のかからない中古車の販売や、仮想通貨を使ったオークションなどでもモノのシェアが始まっています。さらに、いまだ日本には上陸していない海外で人気のサービスは、安全性・信頼性が重視される日本で受け入れられるのでしょうか。

少子高齢化を支えるシェアリングエコノミーの経済合理性とは

少子高齢化を支えるシェアリングエコノミーの経済合理性とは

日本の総人口減少や高齢者割合・未婚率上昇、及び耐久消費財の残余といった時代背景から、今後のシェアリングエコノミーの需要について、車や家具などの例を挙げながらまとめました。さらに経済的なメリットや、必要な時に必要な分だけという考えなどからシェアリングエコノミーは拡大していくと考察しています。

ライドシェアリングの規制緩和 訪日外国人観光客の交通手段へ

ライドシェアリングの規制緩和 訪日外国人観光客の交通手段へ

シェアリングエコノミーのひとつに、ライドシェアと言われる車の相乗りサービスがあります。現在国内6つの地域が国家戦略特区として定められ、従来の規制に対して特例措置を適用されたりするなど、2020年に向けた訪日外国人観光客の受け入れ施策が注目されています。そうした基本に加え、法規制などの問題について紹介します。

リソースのシェアリングエコノミー「クラウドソーシング」まとめ

リソースのシェアリングエコノミー「クラウドソーシング」まとめ

シェアリングサービスによってあらゆる人が時間を有効活用できるようになりました。最近では"モノ"だけでなく"コト"を販売する動きが活発になってきています。家事代行サービスから個人の趣味・特技・経験・知識を生かしたリソースのシェアリングサービスまで、いくつかの事例とともにご紹介します。