シェアリングエコノミー関連記事一覧

Airbnb投資と関連サービスの経済効果

Airbnb投資と関連サービスの経済効果

民泊サービスで有名なAirbnb、その活用が注目されています。不動産のようにAirbnb物件に投資・運用していくにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。注目の清掃代行サービスや運用後想定できる問題についてもまとめました。

共有型経済と旅行産業をけん引?!P2Pのカーシェア「Turo」

共有型経済と旅行産業をけん引?!P2Pのカーシェア「Turo」

2015米フォーブス誌の最もアツいスタートアップ企業にも選ばれた注目の「Turo」と、同年日本でDeNAがスタートした「Anyca」、海外国内それぞれでPeer to Peer型カーシェアサービスを代表する2つの事例を紹介します。貸主も借主もユーザーであるという点にフォーカスしてみていきましょう。

デジタル格差が生む「シェアの闇」と「潜在ニーズ」

デジタル格差が生む「シェアの闇」と「潜在ニーズ」

人々の生活を便利にし、購入・消費の経済を共有へと移行させているシェアリングエコノミー。アメリカの「ピュー・リサーチ・センター」の調査で、そんなシェアリングエコノミーにまつわる言葉について、聞いたことがないと回答した未経験セグメントが存在することが明らかになりました。日本においても類似したデジタル格差は見られます。その要因とセグメントの分析などを検証しました。

クラウドソーシングとシェアリングエコノミーの関係性について

クラウドソーシングとシェアリングエコノミーの関係性について

シェアリングエコノミーが注目される前からあった「クラウドソーシング」ですが、そのひとつである「リソースのシェア」のひとつと考えることができます。この記事では受注側・発注側、それぞれの視点で見た「クラウドソーシング」のメリット・デメリットを探る他、運営側の注意点についても考えていきます。

民泊オーナーの効用を最大化?!シェアを支援する「Pillow」

民泊オーナーの効用を最大化?!シェアを支援する「Pillow」

国内では規制緩和が話題となっている民泊ですが、全世界ではその需要率が上がり、ビジネスとして始める人々が増えてきています。なかには物件をたくさん抱え、確かな収入を獲得しているホストがいます。一人で運営することが物理的に困難なのに、なぜ収益が見込めるのか。その秘訣は「業務代行」。そこで、アメリカの大手民泊代行サイト「Pillow」を解説しながら、民泊の更なる可能性を追求していきます。

シェアリングエコノミー 世界各国の現状について比較・総まとめ

シェアリングエコノミー 世界各国の現状について比較・総まとめ

余ったものをシェアする動きは世界中で拡大しています。シェアリングでヨーロッパをけん引するイギリスやUberを生んだシェアリングの本場アメリカ、近年都市を上げてシェアリング事業に力を入れる韓国のソウル、そしてまだまだ法規制が厳しい日本。それぞれの共有型経済に対する姿勢・現状をまとめました。

Uber、Airbnbから学ぶ、シェアリングエコノミーのビジネス戦略

Uber、Airbnbから学ぶ、シェアリングエコノミーのビジネス戦略

今や世界のあらゆる地域で利用されているUberやAirbnbは、どんなビジネス戦略によって成長してきたのでしょうか。シェアリングエコノミーの先駆者である両社CEOの2人には、共通するキーワードがありました。それぞれの創設者が語った、創設当時の想いや苦労、発展のための工夫などを取り上げます。 

ヒト、モノ、場所 ジャンル別シェアリングエコノミービジネスまとめ

ヒト、モノ、場所 ジャンル別シェアリングエコノミービジネスまとめ

本記事では、シェアリングエコノミーの一部と認識されていないものを大まかに①モノのシェア②スペースのシェア③リソースのシェア④移動のシェアの4つの領域に分けて、実際のサイトを用いて各ビジネスモデルを紹介しています。また類似のサイトの紹介や今後の業界の将来性についても考察しています。

捨てずに売る・貸す 新しいシェアリングビジネスとは

捨てずに売る・貸す 新しいシェアリングビジネスとは

日本ではすでに、洋服のレンタルや使わなくなった物を譲るなど、モノをシェアは広く普及しています。最近では、消費税のかからない中古車の販売や、仮想通貨を使ったオークションなどでもモノのシェアが始まっています。さらに、いまだ日本には上陸していない海外で人気のサービスは、安全性・信頼性が重視される日本で受け入れられるのでしょうか。

少子高齢化を支えるシェアリングエコノミーの経済合理性とは

少子高齢化を支えるシェアリングエコノミーの経済合理性とは

日本の総人口減少や高齢者割合・未婚率上昇、及び耐久消費財の残余といった時代背景から、今後のシェアリングエコノミーの需要について、車や家具などの例を挙げながらまとめました。さらに経済的なメリットや、必要な時に必要な分だけという考えなどからシェアリングエコノミーは拡大していくと考察しています。