シェアリングエコノミー関連記事一覧

近年のシェアリングエコノミー利用実態のまとめ

近年のシェアリングエコノミー利用実態のまとめ

シェアリングエコノミーの市場規模は2025年には3,350億ドルまで拡大すると予想されており、ここ数年の推移を見ても予測が大げさでないことが分かります。現在市場の拡大をけん引するオークションとフリマサービスを分析するとともに、シェアエコ市場を担うと目されるミレニアル世代と企業動向を考察します。

ANA「新しい旅の提案サイト」でシェアリングサービス企業9社と提携

ANA「新しい旅の提案サイト」でシェアリングサービス企業9社と提携

ANAホールディングスは、シェアリングエコノミーを先導する企業9社と提携し、新しい旅の提案サイトを開設しました。スマートフォンの普及と合理的な価値観や消費意識を持った若年層を中心ターゲットとして、テーマに合った宿・旅・旅先での交流や体験・旅をより快適にするサポートなどを取りそろえる試みとして、注目が集まっています。

高齢化社会を担う新しい力へ シェアリングエコノミー型の介護・生活支援サービスがオープン

高齢化社会を担う新しい力へ シェアリングエコノミー型の介護・生活支援サービスがオープン

高齢化社会へと変化する中、日本の介護保険の範囲では利用者が満足のいくサービスを受けにくい現状があります。そういった社会状況を背景に、シェアリングエコノミー型の介護サービスが新しく登場しました。シェアエコ型介護サービス「CrowdCare」は、高齢化社会の問題解決に一役買う存在になるのでしょうか。

電動車椅子のWHILLが50億円を資金調達。シェア事業に本格参入して未来のインフラを目指す

電動車椅子のWHILLが50億円を資金調達。シェア事業に本格参入して未来のインフラを目指す

電動車椅子を開発・販売するWHILLは、50億円の資金調達を実施してシェア事業に本格参入することを発表しました。WHILLでは電動車椅子を、福祉用具ではなく誰もが使いたくなるようなパーソナルモビリティと位置付けています。この記事では、WHILLが取り組んでいくMaaS事業や、見据えている将来のビジョンについて解説します。

お金のシェアリングサービスとは?その内容とクラウドファンディングサイト6選

お金のシェアリングサービスとは?その内容とクラウドファンディングサイト6選

お金のシェアリングサービスであるクラウドファンディング。投資者からの出資をもとに、遊休資産を活用した地方創生やビジネスアイデアを形にする、復興への支援金を集めるなど、共感を軸にした新たなお金の活用法が注目を集めています。今回は代表的なサイトと共にクラウドファンディングについて詳しくご紹介します。

急成長するシェアリングエコノミーへの企業参画~事業別参入・提携企業まとめ

急成長するシェアリングエコノミーへの企業参画~事業別参入・提携企業まとめ

2021年までに1,000億円超にまで成長すると予想されているシェアリングエコノミー市場。国内でも法整備が動き出し、政府も経済を活性化させるための新成長戦略としてシェアリングエコノミーを掲げています。このシェアリングビジネスに参画する企業の事例を事業別にまとめ、その傾向、参画に当たっての注意点などについてご紹介します。

Fabbitとワークシフト・ソリューションズが働き方改革を推進する業務提携へ その内容とねらいとは

fabbitとワークシフト・ソリューションズが働き方改革を推進する業務提携へ その内容とねらいとは

fabbitとワークシフト・ソリューションズの業務提携により、それぞれのユーザーであるフリーランサーや利用企業がそれぞれのサービスを利用でき、より効率的な働き方を実現できる可能性があります。それぞれの企業の特徴やサービスの内容、業務提携により実現可能な未来について考えます。

飲食業界の人手不足を救う?ワークシェアアプリ「Taimee(タイミー)」とは

飲食業界の人手不足を救う?ワークシェアアプリ「Taimee(タイミー)」とは

飲食業界やコンビニなどで、アルバイトの人材不足が深刻です。日本では今後も少子高齢化が進むことが予想され、労働力の確保は喫緊の課題となっています。そんな中、ワークシェアアプリ「Taimee(タイミー)」がリリースされました。若者が自由に働くことができ、人手不足を解消するツールとしても注目が集まっているTaimeeについて詳しく解説します。

メルカリがサイクルシェアサービスに参入!福岡で実証実験スタート

メルカリがサイクルシェアサービスに参入!福岡で実証実験スタート

Airbnbは日本独自の新たなビジネス戦略「Airbnb Partners」を発表しました。民泊新法の施行によって国内のホームシェアビジネスは大きく展開していく可能性もあり、それまで民泊とは関連のなかった異業種企業からも高い関心が寄せられています。その狙いと施策内容について、国内企業の民泊市場動向とあわせて解説します。

シェアリングエコノミーの先進国中国の実情 2018年最新動向と事例まとめ

シェアリングエコノミーの先進国中国の実情 2018年最新動向と事例まとめ

シェアリングエコノミーの先進国として次々にサービスが誕生している中国と、既存サービスからの反発と規制が多くそこまでの勢いに欠ける日本。今回の記事では、民泊、家事代行、自転車シェア、カーシェアの中から中国のシェアリングエコノミー最新事例4つを取り上げ、両国の比較や中国の最新動向に迫ります。