シェアリングエコノミー関連記事一覧

ライドシェアリングの基本からトラブル、法規制についてまとめ決定版

ライドシェアリングの基本からトラブル、法規制についてまとめ決定版

現在日本独自のサービスも誕生し、ますます注目が集まるライドシェア。今後訪日外国人観光客が増加するにつれて、ライドシェアのニーズも増加すると予想されます。しかし日本では比較的新しい概念であり、さまざまな不祥事があとを絶ちません。そこで今回は、ライドシェアの基本と知っておくべきトラブルや法規制についてまとめました。

シェアエコを活用した新しいビジネスマッチング「Saleshub」

シェアエコを活用した新しいビジネスマッチング「Saleshub」

シェアリングエコノミーを取り入れ新しいビジネスマッチングサービスを提供する「Saleshub」。2017年のサービス提供開始から順調にユーザー数を伸ばしており、随時サービスを改善するなど、注目が集まります。サービスの概要や利用者それぞれのメリットなどを解説します。

ITソリューションとの融合に期待 ONE PIECEが「spacecarry」でシェアリングエコノミー参入

ITソリューションとの融合に期待 ONE PIECEが「spacecarry」でシェアリングエコノミー参入

インターネットソリューション事業を手掛けるONE PIECEは、2019年2月よりシェアエコマッチングプラットフォーム「spacecarry」の提供を開始します。新機能の実装も期待できるサービスの概要や、異業種だからこその強み、今後の市場動向への期待について解説します。

シンガポールで日系初のコワーキングスペースが提供開始 海外進出する日本企業をサポートする

シンガポールで日系初のコワーキングスペースが提供開始 海外進出する日本企業をサポートする

シンガポールはアジア地域のビジネスハブという位置付けで、優秀な人材や企業が集まる国です。そんなシンガポールで、日系初のコワーキングスペースが始動しました。コミュニティとしても機能し、グローバル企業の支援にも積極的に力を入れています。そのサービス内容や立ち上げの背景、さらに働き方とシェアエコの関係について考えます。

2020年東京五輪で民泊はどう変わる? 現状と課題、法整備について解説

2020年東京五輪で民泊はどう変わる? 現状と課題、法整備について解説

日本中から期待が寄せられる2020年東京五輪。増加する訪日外国人旅行者の宿泊施設不足が懸念される中、「民泊」の普及によってその状況が変わろうとしています。この記事では、東京五輪に向けて需要が拡大する民泊の現状や課題、それを踏まえた民泊新法や旅館業法の改正など法整備の動きについてまとめました。

駐車場シェアリングに大手も参入! IoT活用で各社の競争が過熱するパークシェアリング

駐車場シェアリングに大手も参入! IoT活用で各社の競争が過熱するパークシェアリング

大手企業の参入で各社の競争が過熱するパークシェアリング市場。空いているスペースと、駐車場を利用したいユーザーをマッチングさせる駐車場シェアリングは、駐車場不足の解消と空きスペースの有効活用に大きく貢献していくことでしょう。今回はソフトバンクの新サービスの紹介を中心にパークシェアリングの現状と今後について考察します。

車中泊を楽しむ人のためのシェアリングサービス「Carstay(カーステイ)」が登場

車中泊を楽しむ人のためのシェアリングサービス「Carstay(カーステイ)」が登場

Carstayは、旅行者が安心して車中泊やテント泊ができる場所をマッチングするシェアリングサービスです。キャンピングカーで旅行をする人は安心して駐車場を確保することができ、駐車場を所有する人は空いているときだけ収益化することができます。本記事ではCarstayのサービス概要や設立の背景と、シェアリングエコノミーの保険について解説します。

急成長遂げるフリマアプリまとめ ”巨大中古市場”の実態に迫る

急成長遂げるフリマアプリまとめ ”巨大中古市場”の実態に迫る

シェアリングエコノミーといえば民泊や乗り物などが思い浮びますが、今は不用品もその対象となっています。ここ数年で業界として大きく成長を遂げている「フリマアプリ」の存在によって、新たなシェアリングエコノミーの可能性が生まれつつあります。個人が不用になったモノが気軽に売買できる、そんな新しいビジネススタイルに注目しました。

福岡市で電動キックボードシェアの実証実験開始 アメリカで流行中の新たなシェアモビリティの選択肢

福岡市で電動キックボードシェアの実証実験開始 アメリカで流行中の新たなシェアモビリティの選択肢

福岡市で電動キックボードをシェアする実証実験を行うことが採択されました。アメリカでは、電動キックボードはすでに手軽でスムーズな移動手段として人気を博し、提供する企業はユニコーン企業へと成長しています。今後は、安全面等の問題を解決しながら新たな交通手段の一つになることが期待されます。

世界初のMaaSプラットフォームアプリ「Whim」とは。サービス内容と今後の展開について

世界初のMaaSプラットフォームアプリ「Whim」とは。サービス内容と今後の展開について

Whimは、サイクルシェアや地下鉄、カーシェアなど、あらゆる移動手段をまとめて利用できるアプリです。予約や支払いを一元管理して、都市部をスムーズに移動することができます。このように移動サービスをひとつにまとめるという概念はMaaSと呼ばれ、今後世界的に普及していくとみられています。今回は世界初のMaaSアプリWhimについて解説します。