シェアリングエコノミー関連記事一覧

急成長するシェアリングエコノミーへの企業参画~事業別参入・提携企業まとめ

急成長するシェアリングエコノミーへの企業参画~事業別参入・提携企業まとめ

2021年までに1,000億円超にまで成長すると予想されているシェアリングエコノミー市場。国内でも法整備が動き出し、政府も経済を活性化させるための新成長戦略としてシェアリングエコノミーを掲げています。このシェアリングビジネスに参画する企業の事例を事業別にまとめ、その傾向、参画に当たっての注意点などについてご紹介します。

スペースマーケットが日本のスペースシェアをリードする。その立ち上げから最新情報まで徹底解説

スペースマーケットが日本のスペースシェアをリードする。その立ち上げから最新情報まで徹底解説

日本で民泊やスペースシェアを展開するスペースマーケット社が成長を続けています。国内のシェアリングエコノミー業界では先駆的な存在であり、自治体や企業とも連携を進めて地方創生や働き方改革にも貢献しています。そもそもスペースマーケットとはどのような企業なのか、創業の経緯から最新情報までをまとめました。

民泊(airbnb)の基本ビジネスモデルや法規制を総まとめ

民泊(airbnb)の基本ビジネスモデルや法規制を総まとめ

民泊サービスが世界中で拡大しています。業界最大手Airbnbを中心に作られてきた基本的なビジネスモデルや日本の民泊斡旋企業についておさらいします。ゲストとホストを集める工夫や日本独自の時間単位でのスペースの貸出、さらに長期滞在限定の民泊を紹介。また、現行の法規制についてもまとめました。

シェアリングエコノミー普及の助けとなるか。新しいマーケットプレイスが続々ローンチ

シェアリングエコノミー普及の助けとなるか。新しいマーケットプレイスが続々ローンチ

新規参入が難しいと言われるシェアリングエコノミーに、新たなマーケットプレイスが続々リリースされています。日本初のプラットフォームなど注目のサービスについて、シェアリングエコノミーの市場規模やプラットフォーム事業者の必要性などに触れつつご紹介します。

「ライドシェア先進国となった中国」と日本の事情を徹底比較 訪日観光客に浸透する日本人が知らない越境白タクとは?

「ライドシェア先進国となった中国」と日本の事情を徹底比較 訪日観光客に浸透する日本人が知らない越境白タクとは?

世界中で物議を醸すUberで知られることとなったライドシェアサービスが、いま中国で大きく花開いています。今回は中国のライドシェア事情を日本の事情と比較するとともに、日本人にはまだあまり知られていない、日本の観光地に忍び寄る中国の越境白タクの実態に迫ります。

シェアリングエコノミーへの課税を政府が検討。今後の動向と海外の事例まとめ

シェアリングエコノミーへの課税を政府が検討。今後の動向と海外の事例まとめ

日本でも民泊が解禁されるなど、シェアリングエコノミーについての法整備が進んでいる一方で、税制面でのルール作りはまだ追いついていません。課税漏れの問題もあることで、政府はようやく対策の検討に入りました。課税への動きとの動向、国外における対策について解説します。

遂に民泊新法が成立!その概要と施行時期、気になる今後の市場動向

遂に民泊新法が成立!その概要と施行時期、気になる今後の市場動向

シェアリングエコノミーの旗手である民泊市場に関して、待ちに待った民泊新法が成立しました。世界でも人気の旅行先のひとつになった日本の民泊市場において、新法が求められた理由と成立までの経緯、いつから施行されるのかから施行後の市場動向まで、今知っておくべき民泊市場の流れを解説します。

レストラン、配達ドライバー、ユーザーが喜ぶ新しいデリバリーUberEATSとは

レストラン、配達ドライバー、ユーザーが喜ぶ新しいデリバリーUberEATSとは

出前の新形態UberEATSは、2016年に日本に上陸してから、どんどんエリアと登録レストラン数を拡大しています。数百円のドーナツからステーキまで楽しめる、UberEATSが従来のデリバリーサービスとどう違うのかを見てみましょう。

大手企業もスキルシェアに続々参入。IKEAがタスクラビット買収でマーケット拡大

大手企業もスキルシェアに続々参入。IKEAがタスクラビット買収でマーケット拡大

家具メーカーのIKEAが家事代行サービスのタスクラビットを買収しました。大手企業もスキルシェア、シェアリングエコノミー分野への参入を積極的に行っています。大手企業がシェアリングエコノミーに参入する背景やメリット、それに伴うマーケットの変化を見てみましょう。

地方自治体にも広がる、シェアリングエコノミー活用の動きと導入事例

地方自治体にも広がる、シェアリングエコノミー活用の動きと導入事例

地方自治体でシェアリングエコノミーを活用する動きが活発です。国としても推進のための施策を行い、2016年には5自治体が「シェアリングシティ宣言」をしています。地方の行政からも注目されているシェアリングエコノミーの広がりを、導入事例とともに解説します。