シェアリングエコノミー関連記事一覧

シェアリングエコノミーを学ぶ シニア層に普及するデジタルプラットフォーム

シェアリングエコノミーを学ぶ シニア層に普及するデジタルプラットフォーム

少子高齢化、人口減少が深刻化している日本。既存の地域活性の仕組みではすでに解決しきれなくなっています。そんな中で普及が進んでいるシェアリングエコノミーサービスは地域課題解決の新たな手法として注目されています。今回は高齢者が安心して暮らせる地域を目指していくためにシェアリングエコノミーが担う役割や導入事例を紹介します。

シェアリングエコノミー普及の懸け橋へ 金融ビジネス分野に期待される今後の役割とは?

シェアリングエコノミー普及の懸け橋へ 金融ビジネス分野に期待される今後の役割とは?

近年、世界中で急速に普及するシェアリングエコノミー。そのシェアリングエコノミーの中核分野の一つになるであろう金融サービスが担う役割・責任とはどのようなものなのか、また、金融サービスとシェアリングエコノミーが連携することにより、もたらす効果とは何なのかを考察していきます。

【まとめ】ライドシェアリング事業は違法の「白タク行為」にあたるのか?

【まとめ】ライドシェアリング事業は違法の「白タク行為」にあたるのか?

料金の安さと手軽さ、快適な使い勝手からユーザーを広げ、ライドシェアリングを世界中に普及させつつあるUber。既に日本にも上陸を果たし、タクシーの配車などを行うUberですが、アメリカのようにライドシェアを普及させるにはいわゆる「白タク行為」と言われる法律上の問題があります。ライドシェアが現状で抱えている課題と、今後の発展の可能性についてまとめました。

Airbnbが旅行比較サイトと国内初提携!海外の一戸建て、アパート、ユニークな宿泊施設の一括検索も可能に

Airbnbが旅行比較サイトと国内初提携!海外の一戸建て、アパート、ユニークな宿泊施設の一括検索も可能に

海外では既に、人気を不動のものにしている民泊シェアの最大手「Airbnb」。そのAirbnbが日本の旅行比較サイト2社「トラベルコ」「Travel.jp」と提携を結び、一般のホテルや宿泊施設と並んで、海外の登録施設の情報を提供できることに。今後日本国内でも民泊シェア市場がより活気づくのでは、と期待が高まっています。

Airbnbの新サービス「Trips」東京など世界12都市で体験ツアーを提供開始!

Airbnbの新サービス「Trips」東京など世界12都市で体験ツアーを提供開始!

2016年11月にAirbnbがリリースした新サービス「トリップ(Trips)」とはどんなものでしょうか。Uberと並んでシェアリングエコノミーを牽引するAirbnbのサービス内容と抱える問題と併せて、Tripsはどんなサービスなのか、Tripsによってユーザーはどんなことが可能になるのか、Airbnbの今をまとめました。

空き家の有効活用へ カーシェアリングビジネスが新たな道を開拓

空き家の有効活用へ カーシェアリングビジネスが新たな道を開拓

カーシェアとスペースシェアのアイディアを結合し、「空き家」を駐車場として活用する新しいタイプのシェアリングビジネスが誕生しています。単純に駐車場をシェアできるだけではなく、空き家問題や地域社会の治安改善にも役立つ可能性を持ったサービスは、今後どのように展開されていくのでしょうか。

地上交通から空へ ウーバーが見据えるライドシェアの未来とは?

地上交通から空へ ウーバーが見据えるライドシェアの未来とは?

個人が保有している遊休資産を有効活用できるサービス」として世界で拡がりつつある、「シェアリングエコノミー」。本記事では、その中でもライドシェアサービスの最大手である米国の「Uber Technologies」のサービスについて、具体的にどのようなサービスを展開しているのか、また将来の構想についてご紹介します。

高齢化社会を担う新しい力へ シェアリングエコノミー型の介護・生活支援サービスがオープン

高齢化社会を担う新しい力へ シェアリングエコノミー型の介護・生活支援サービスがオープン

高齢化社会へと変化する中、日本の介護保険の範囲では利用者が満足のいくサービスを受けにくい現状があります。そういった社会状況を背景に、シェアリングエコノミー型の介護サービスが新しく登場しました。シェアエコ型介護サービス「CrowdCare」は、高齢化社会の問題解決に一役買う存在になるのでしょうか。

シェアリングエコノミーの最先端!世界が注目する「シェアリングシティ」の実態とは!?

シェアリングエコノミーの最先端!世界が注目する「シェアリングシティ」の実態とは!?

年々市場規模が拡大しているシェアリングエコノミーを、都市政策として取り組む都市が世界で増えています。今回は世界に先駆けてシェアリングシティ宣言をした韓国の首都ソウルと、Uberがヨーロッパ本部を構えているアムステルダムから、シェアリングシティの実態を紹介するとともに、日本版シェアリングシティ誕生の可能性を探ります。

“シェアリングエコノミー”とは? 基本ビジネスモデルとサービス内容

"シェアリングエコノミー"とは? 基本ビジネスモデルとサービス内容

生活の空き時間や使われていない資産を有効活用する為にインターネットを介し、個人間で余剰なモノのやり取りをするシェアリングエコノミーについて、それぞれ事例を挙げて、物のシェア(フリマ・衣服などのファッション等)、場所のシェア(駐車場・会議室・民泊・ルームシェア等)、移動のシェア(カーシェアリング・ライドシェア等)、リソースのシェア(労働力・技術・お金等)について紹介します。