シェアリングエコノミー関連記事一覧

地上交通から空へ ウーバーが見据えるライドシェアの未来とは?

地上交通から空へ ウーバーが見据えるライドシェアの未来とは?

個人が保有している遊休資産を有効活用できるサービス」として世界で拡がりつつある、「シェアリングエコノミー」。本記事では、その中でもライドシェアサービスの最大手である米国の「Uber Technologies」のサービスについて、具体的にどのようなサービスを展開しているのか、また将来の構想についてご紹介します。

シェアリングエコノミーの最先端!世界が注目する「シェアリングシティ」の実態とは!?

シェアリングエコノミーの最先端!世界が注目する「シェアリングシティ」の実態とは!?

年々市場規模が拡大しているシェアリングエコノミーを、都市政策として取り組む都市が世界で増えています。今回は世界に先駆けてシェアリングシティ宣言をした韓国の首都ソウルと、Uberがヨーロッパ本部を構えているアムステルダムから、シェアリングシティの実態を紹介するとともに、日本版シェアリングシティ誕生の可能性を探ります。

訪日外国人観光客が注目する国内のシェアリングエコノミーサービスとは

訪日外国人観光客が注目する国内のシェアリングエコノミーサービスとは

日本国内における話題性の高さなどから、シェアリングエコノミーサービスを試験的に利用する人が増加していますが、それに比例するように訪日外国人による日本国内のシェアリングエコノミーサービスの利用も増加しています。この記事では、訪日外国人によるシェアリングエコノミーサービス利用の市場予測や注目されている国内のシェアリングエコノミーサービスなどを紹介していきます。

新宿区が遂に自転車(サイクル)シェアリングへ!都内5区の連携で広域のポートマップを実現

新宿区が遂に自転車(サイクル)シェアリングへ!都内5区の連携で広域のポートマップを実現

江東区・中央区・千代田区・港区が開始した自転車シェアリングが、遂に2016年新宿区でも利用可能になりました。都市部での短距離移動や、観光地での活用に期待が集まる自転車シェアリングの国内動向を、海外の導入事例とともに紹介します。

前年度比22.4%増!右肩上がりの国内シェアエコ市場

前年度比22.4%増!右肩上がりの国内シェアエコ市場

2015年は日本のシェアリングエコノミー元年といわれ、海外からはAirbnbやUberなどのユニコーンが上陸し、日本発の新しいサービスも誕生しました。今後、国による大々的な規制緩和が見込まれ、一層の賑わいを見せる国内市場。スタートアップ企業が繰り広げるサービスの多様化と、普及によって見えてきた消費者のニーズを解説していきます。

日本の先を行く!世界が注目するシェアリングエコノミー

日本の先を行く!世界が注目するシェアリングエコノミー

新しいシェアリングエコノミーのビジネスが次々と誕生し、関連した国内外のイベントも盛況です。日本でも来るべき東京オリンピックに備えて、新しいシェアリングサービスが芽生えていく可能性があります。そういった社会的なトレンドを踏まえ、最近海外で注目を浴びているシェアリングエコノミーについてご紹介します。

物流業界に広がるシェアリングエコノミー

物流業界に広がるシェアリングエコノミー

カーシェアリングというスキームでシェアリングエコノミーを牽引している運輸業界では、車を使った人のモビリティだけでなく、物流にも変化が現れ始めました。また同じ業界内で巨大な産業を担う航空事業、海運事業に明暗が分かれているという現状にも迫ります。

日本にも欲しい!世界の大学で広がる便利すぎるシェアリングエコノミー系サービス3選

日本にも欲しい!世界の大学で広がる便利すぎるシェアリングエコノミー系サービス3選

世界の大学では、日本のマーケットにはまだ登場していない便利なシェアリングエコノミーの数々が芽生えています。大学生のユーザーとしての需要と同時に、リソースのシェアも期待できるため、海外の事例に学ぶところは多そうです。今後日本でもサービスの成長が見込めそうな、興味深い事例を3つご紹介します。

おさがりも送り迎えも!子供向けのシェアリングサービスの需要拡大とサービスの意義

おさがりも送り迎えも!子供向けのシェアリングサービスの需要拡大とサービスの意義

日本に昔からある「おさがり」という文化をシェアリングサービスで再現!子ども同士でおもちゃやゲームのやりとりができるアプリが登場しました。また、子供の「送り迎え」についても、便利で安全なサービスが求められています。今回はそんな子供にまつわるシェアリングエコノミー系サービスについて解説します。

旅先でこそシェアリング!観光分野でのシェアリングエコノミーの可能性

旅先でこそシェアリング!観光分野でのシェアリングエコノミーの可能性

近年、日本国内への旅行者は右肩上がりとなっており、通訳ガイド付きの観光スタイルよりも、シェアリングサービスを利用した自由に滞在・行動できる観光スタイルが主流となりつつあります。ただ、日本のシェアリングサービスはまだまだ発展途上。今後、シェアリングエコノミーは観光分野にどのように関わっていくのでしょうか。