シェアリングエコノミー関連記事一覧

シェアリングエコノミーで変わる未来の働き方。日本の雇用・社会に求められる変革とは?

シェアリングエコノミーで変わる未来の働き方。日本の雇用・社会に求められる変革とは?

国内でも普及しつつあるシェアリングエコノミー市場。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを期にその需要はさらに増加すると予測されます。この記事では日本におけるシェアリングエコノミーの広がり方、さらに雇用に及ぼす影響や国のセーフティーネットに求められる課題について考察します。

現役の大学生が事業立ち上げ。AirBnB型レンタルサイクルモデルとは?

現役の大学生が事業立ち上げ。AirBnB型レンタルサイクルモデルとは?

海外で盛り上がっている自転車シェアビジネスが日本でも普及しはじめています。さまざまな企業や自治体が参画する中、学生が中心となって立ち上げた事業が発表されました。この新しい自転車を個人間でシェアする新しいレンタルサイクルモデルについて、事業内容や既存のサイクルシェアと異なる点をご紹介します。

事業者は押さえておきたい、シェアリングエコノミーが抱える課題と対応策まとめ

事業者は押さえておきたい、シェアリングエコノミーが抱える課題と対応策まとめ

遊休資産や時間、スキルを売買できるシェアリングエコノミーのサービスは、近年、急速に拡大しています。プラットフォームを通じて、今まで埋もれていた価値のあるものが、必要とする人に提供されています。しかし、新しい仕組みだからこそ課題やトラブルもあり、プラットフォームや行政も対策に追われています。課題はどのように対策されているのかを解説します。

拡大する中南米のシェアリングエコノミー。その背景と実態とは

拡大する中南米のシェアリングエコノミー。その背景と実態とは

中南米でシェアリングエコノミーが盛り上がっています。AirbnbやUberが参入し、民泊や自転車シェア、ライドシェアを活用する人が増えているようです。その経済効果も大きなものとなっており、自治体の税収としても期待されています。そこまで普及する背景にはどのような事情があるのか、メキシコシティなどの事例とともにご紹介します。

2017年のシェアリングエコノミー業界を振り返る。動向と事例まとめ

2017年のシェアリングエコノミー業界を振り返る。動向と事例まとめ

2017年は民泊新法の成立や新規企業の参入など、シェアリングエコノミー業界にとっても変化の年となりました。海外の市場拡大や政府の後押しも相まって国内でも認知度が上がり、若者を中心とした盛り上がりを見せています。ここでは2017年にシェアリングエコノミーに起きた事例や動向を振り返り、今後の動きについて見てみましょう。

進む企業の民泊参入。ANA、PeachによるAirbnbとのパートナーシップ締結について

進む企業の民泊参入。ANA、PeachによるAirbnbとのパートナーシップ締結について

2018年に施行が決定した民泊法により、企業の民泊事業への参入が始まっています。JTBや楽天による新規事業発表やANAやPeachとAirbnbのパートナーシップ締結発表など、さまざまな企業の参入が明らかになりました。ここではAribnbとANAおよびPeachの民泊への取り組みについて、実際のサービスをご紹介しながら解説します。

民泊(airbnb)の基本ビジネスモデルや法規制を総まとめ

民泊(airbnb)の基本ビジネスモデルや法規制を総まとめ

民泊サービスが世界中で拡大しています。業界最大手Airbnbを中心に作られてきた基本的なビジネスモデルや日本の民泊斡旋企業についておさらいします。ゲストとホストを集める工夫や日本独自の時間単位でのスペースの貸出、さらに長期滞在限定の民泊を紹介。また、現行の法規制についてもまとめました。

シェアリングエコノミー普及の助けとなるか。新しいマーケットプレイスが続々ローンチ

シェアリングエコノミー普及の助けとなるか。新しいマーケットプレイスが続々ローンチ

新規参入が難しいと言われるシェアリングエコノミーに、新たなマーケットプレイスが続々リリースされています。日本初のプラットフォームなど注目のサービスについて、シェアリングエコノミーの市場規模やプラットフォーム事業者の必要性などに触れつつご紹介します。

「ライドシェア先進国となった中国」と日本の事情を徹底比較 訪日観光客に浸透する日本人が知らない越境白タクとは?

「ライドシェア先進国となった中国」と日本の事情を徹底比較 訪日観光客に浸透する日本人が知らない越境白タクとは?

世界中で物議を醸すUberで知られることとなったライドシェアサービスが、いま中国で大きく花開いています。今回は中国のライドシェア事情を日本の事情と比較するとともに、日本人にはまだあまり知られていない、日本の観光地に忍び寄る中国の越境白タクの実態に迫ります。

シェアリングエコノミーへの課税を政府が検討。今後の動向と海外の事例まとめ

シェアリングエコノミーへの課税を政府が検討。今後の動向と海外の事例まとめ

日本でも民泊が解禁されるなど、シェアリングエコノミーについての法整備が進んでいる一方で、税制面でのルール作りはまだ追いついていません。課税漏れの問題もあることで、政府はようやく対策の検討に入りました。課税への動きとの動向、国外における対策について解説します。