シェアリングエコノミー関連記事一覧

シェアリングエコノミー大国・中国の現状 多くのサービス誕生の陰でマナーや労使問題も

シェアリングエコノミー大国・中国の現状 多くのサービス誕生の陰でマナーや労使問題も

中国では急速にシェアリングエコノミー市場が拡大し、その規模は日本の数十倍に及びます。その理由として、ミレニアル世代の活躍や消費習慣の変化、モバイル決済の普及などが挙げられます。中国では現在数多くシェアサービスが誕生し、ありとあらゆるものがシェアされつつありますが、利用者のトラブルや労使裁判などの問題も発生しています。

街中のスペースに荷物を預けられる「ecbo Cloak」 預けた荷物の配送サービスも視野に

街中のスペースに荷物を預けられる「ecbo cloak」 預けた荷物の配送サービスも視野に

ecbo cloakは、荷物を預けたい人と空きスペースを持つ店舗や施設をマッチングし、荷物を預けられるサービスです。さまざまな業種と提携し、幅広い場所でサービスを受けられるのが特徴です。また、JRや郵便局と協業したことで、将来的には預けた荷物を配送してくれるサービスの開始も見込まれます。

モバイルデータ通信をシェアできる“MOOVER” 途上国のデジタル・ディバイドを解消する可能性も

モバイルデータ通信をシェアできる“MOOVER” 途上国のデジタル・ディバイドを解消する可能性も

世界中に依然存在する先進国と途上国デジタル・ディバイドを解消し、世界中で大量に発生しているデータ通信量の余剰と不足をマッチングし解消する注目のシェアリングエコノミーサービス、MOOVER。2017年末から資金調達が始まりましたが、順調に資金を拡大しており、高い関心を集めています。

家事はアウトソーシングする時代!家事代行シェアリングサービスの最新情報と注目事業者6選

家事はアウトソーシングする時代!家事代行シェアリングサービスの最新情報と注目事業者6選

共働き世帯や単身世帯の増加によって需要が拡大している「家事代行サービス」。料理や掃除などの日常的な家事をアウトソーシングし、時間を有効活用できるシェアリングサービスとして注目を集めています。この記事では、成長する家事代行サービスの市場規模や最新の動きについて解説し、主な家事代行サービスの特徴をまとめてご紹介します。

東京五輪で民泊はどう変わる? 現状と課題、法整備について解説

東京五輪で民泊はどう変わる? 現状と課題、法整備について解説

日本中から期待が寄せられる2020年東京五輪。増加する訪日外国人旅行者の宿泊施設不足が懸念される中、「民泊」の普及によってその状況が変わろうとしています。この記事では、東京五輪に向けて需要が拡大する民泊の現状や課題、それを踏まえた民泊新法や旅館業法の改正など法整備の動きについてまとめました。

ANAがシェアリングエコノミーで地方創生を目指す。TABICAとの提携による取り組みとは

ANAがシェアリングエコノミーで地方創生を目指す。TABICAとの提携による取り組みとは

ANAは旅行・航空業界の中でも新しいイノベーションに積極的に挑戦している企業です。さまざまな事業者と提携する中で、体験シェアリングサイトのTABICAとも提携し、シェアリングエコノミーへ取り組む姿勢を見せています。ANAがシェアリングエコノミーに力を入れるのは一体なぜでしょうか。その理由について解説します。

リクルートも民泊に参入へ。国内の大手賃貸業者の民泊参入状況まとめ

リクルートも民泊に参入へ。国内の大手賃貸業者の民泊参入状況まとめ

リクルートがAirbnbと提携して民泊に参入することを発表しました。すでにいくつかの大手賃貸業者も民泊へ参入を表明しており、民泊をめぐる競争は加熱していくと思われます。リクルートをはじめとした賃貸業者はどのように民泊事業を進めていくのか、また国内の賃貸業者の民泊参入状況についても解説します。

シェアリングエコノミーで変わる未来の働き方。日本の雇用・社会に求められる変革とは?

シェアリングエコノミーで変わる未来の働き方。日本の雇用・社会に求められる変革とは?

国内でも普及しつつあるシェアリングエコノミー市場。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを期にその需要はさらに増加すると予測されます。この記事では日本におけるシェアリングエコノミーの広がり方、さらに雇用に及ぼす影響や国のセーフティーネットに求められる課題について考察します。

現役の大学生が事業立ち上げ。AirBnB型レンタルサイクルモデルとは?

現役の大学生が事業立ち上げ。AirBnB型レンタルサイクルモデルとは?

海外で盛り上がっている自転車シェアビジネスが日本でも普及しはじめています。さまざまな企業や自治体が参画する中、学生が中心となって立ち上げた事業が発表されました。この新しい自転車を個人間でシェアする新しいレンタルサイクルモデルについて、事業内容や既存のサイクルシェアと異なる点をご紹介します。

事業者は押さえておきたい、シェアリングエコノミーが抱える課題と対応策まとめ

事業者は押さえておきたい、シェアリングエコノミーが抱える課題と対応策まとめ

遊休資産や時間、スキルを売買できるシェアリングエコノミーのサービスは、近年、急速に拡大しています。プラットフォームを通じて、今まで埋もれていた価値のあるものが、必要とする人に提供されています。しかし、新しい仕組みだからこそ課題やトラブルもあり、プラットフォームや行政も対策に追われています。課題はどのように対策されているのかを解説します。