シェアリングエコノミー関連記事一覧

物流業界を救うシェアリングサービス 設備や倉庫・車両のシェアで危機的環境を改善

物流業界を救うシェアリングサービス 設備や倉庫・車両のシェアで危機的環境を改善

近年、ECビジネスの利用拡大にともなって問題の深刻さを増している物流業界にもシェアリングエコノミーが普及しています。日立物流のシェアリング型プラットフォームセンターを筆頭に、施設や設備、情報、車両やドライバーの共有などさまざまな形態がありますが、シェアサービスで物流環境の危機はどのように改善が期待されるのか考察します。

社会問題のソリューションとして期待高まる、自治体×シェアビジネス活用事例

社会問題のソリューションとして期待高まる、自治体×シェアビジネス活用事例

日々の生活でも目にすることが多くなったシェアリングエコノミーサービス。日常を便利にするだけに留まらず、地域や日本が抱える社会問題を解決する有効な手段として注目を浴びています。政府からの後押しもあり、自治体と民間事業者との連携が加速することで、市民生活の利便性向上が期待される事例を紹介します。

スペースマーケットが日本のスペースシェアをリードする。その立ち上げから最新情報まで徹底解説

スペースマーケットが日本のスペースシェアをリードする。その立ち上げから最新情報まで徹底解説

日本で民泊やスペースシェアを展開するスペースマーケット社が成長を続けています。国内のシェアリングエコノミー業界では先駆的な存在であり、自治体や企業とも連携を進めて地方創生や働き方改革にも貢献しています。そもそもスペースマーケットとはどのような企業なのか、創業の経緯から最新情報までをまとめました。

旅するように暮らす、一つの家にとらわれない暮らし「定額制居住サービス」まとめ

旅するように暮らす、一つの家にとらわれない暮らし「定額制居住サービス」まとめ

2019年春、定額制居住サービスが相次いでローンチされました。働き方や暮らし方に対する考えが大きく変わろうとしている今、場所にとらわれない生活に注目が集まっています。古くからの慣習を変え、固定的だった「住まい」の概念を覆す「定額居住性サービス」とは一体何なのか。利用可能な定額制居住サービスと併せてご紹介します。

渋谷区観光協会とシェアリングエコノミー協会、「PLAY! SHARE SHIBUYA」を合言葉に連携協定を締結

渋谷区観光協会とシェアリングエコノミー協会、「PLAY! SHARE SHIBUYA」を合言葉に連携協定を締結

官民協働による観光振興を目指す渋谷区観光協会と、シェアによって日本の活性化を目指すシェアリングエコノミー協会が連携協定を結びました。自治体と一般社団法人が手を取り合って目指すシェアエコの新たな可能性と、2020年東京五輪に向けてシェアサービスに期待される役割について考察します。

シェアエコノミーを支える”CtoC/C2C(個人間取引)”とは? 基本のビジネスモデルから市場規模まで

シェアエコノミーを支える"CtoC/C2C(個人間取引)"とは? 基本のビジネスモデルから市場規模まで

フリマアプリなど「モノ」のシェアや、クラウドファンディングに見られる「リソース」のシェア、民泊やライドシェアの「スペース」や「移動」のシェアも該当しています。本記事ではそんなシェアリングエコノミーの土台ともいえるCtoC(個人間取引)について、基本的なビジネスモデルから市場規模、メリットやデメリットをまとめてみました。

第二のメルカリと注目の「Alice.style」2020年東京五輪に向け都市型シェアリングエコノミーの実現へ

第二のメルカリと注目の「Alice.style」2020年東京五輪に向け都市型シェアリングエコノミーの実現へ

「Alice.style(アリススタイル)」は個人と個人、企業と個人を繋ぐレンタルサービスのプラットフォームです。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催期間内に観光関連グッズをレンタルできる、新しい都市型シェアリングエコノミーサービスの提供も予定しています。これらのサービスの概要や利用者のメリット、今後の展望などを解説します。

「お手伝い」で日本を旅する「RONIN BANK」がサービス開始

「お手伝い」で日本を旅する「RONIN BANK」がサービス開始

ゲストとホストの交流に重点をおいた新しいシェアリングプラットフォーム「RONIN BANK」がサービスを開始しました。ゲストであるRONINはお手伝いをすることで、ホストである主人から無償で宿泊先の提供を受けることができます。若者の力が借りたい地方と若者とを繋ぐ地方創生の一手段としても注目が集まります。

“シェアリングエコノミー”とは? 基本ビジネスモデルとサービス内容

"シェアリングエコノミー"とは? 基本ビジネスモデルとサービス内容

生活の空き時間や使われていない資産を有効活用する為にインターネットを介し、個人間で余剰なモノのやり取りをするシェアリングエコノミーについて、それぞれ事例を挙げて、モノのシェア(フリマ・レンタル等)、空間のシェア(ホームシェア・駐車場・会議室等)、移動のシェア(カーシェア・ライドシェア・シェアサイクル等)、スキルのシェア(家事・介護・育児・知識等)、お金のシェア(クラウドファウンディング等)について紹介します。

全国住み放題サービス「ADDress」 住む場所をシェアだけでなく、空き家問題の解決法や多拠点居住の推進にも

全国住み放題サービス「ADDress」 住む場所をシェアだけでなく、空き家問題の解決法や多拠点居住の推進にも

全国住み放題サービス「ADDress」は、全国の空き家や古民家に住み放題になるサブスクリプションサービスです。ユーザー、物件オーナー、物件のある地域住人にメリットを提供し、空き家問題を解決する手段にもなりうるサービスです。多くのパートナー企業が参画し、2019年4月からサービスを開始します。