シェアリングエコノミー関連記事一覧

電動車椅子のWHILLが50億円を資金調達。シェア事業に本格参入して未来のインフラを目指す

電動車椅子のWHILLが50億円を資金調達。シェア事業に本格参入して未来のインフラを目指す

電動車椅子を開発・販売するWHILLは、50億円の資金調達を実施してシェア事業に本格参入することを発表しました。WHILLでは電動車椅子を、福祉用具ではなく誰もが使いたくなるようなパーソナルモビリティと位置付けています。この記事では、WHILLが取り組んでいくMaaS事業や、見据えている将来のビジョンについて解説します。

お金のシェアリングサービスとは?その内容とクラウドファンディングサイト6選

お金のシェアリングサービスとは?その内容とクラウドファンディングサイト6選

お金のシェアリングサービスであるクラウドファンディング。投資者からの出資をもとに、遊休資産を活用した地方創生やビジネスアイデアを形にする、復興への支援金を集めるなど、共感を軸にした新たなお金の活用法が注目を集めています。今回は代表的なサイトと共にクラウドファンディングについて詳しくご紹介します。

急成長するシェアリングエコノミーへの企業参画~事業別参入・提携企業まとめ

急成長するシェアリングエコノミーへの企業参画~事業別参入・提携企業まとめ

2021年までに1,000億円超にまで成長すると予想されているシェアリングエコノミー市場。国内でも法整備が動き出し、政府も経済を活性化させるための新成長戦略としてシェアリングエコノミーを掲げています。このシェアリングビジネスに参画する企業の事例を事業別にまとめ、その傾向、参画に当たっての注意点などについてご紹介します。

Fabbitとワークシフト・ソリューションズが働き方改革を推進する業務提携へ その内容とねらいとは

fabbitとワークシフト・ソリューションズが働き方改革を推進する業務提携へ その内容とねらいとは

fabbitとワークシフト・ソリューションズの業務提携により、それぞれのユーザーであるフリーランサーや利用企業がそれぞれのサービスを利用でき、より効率的な働き方を実現できる可能性があります。それぞれの企業の特徴やサービスの内容、業務提携により実現可能な未来について考えます。

飲食業界の人手不足を救う?ワークシェアアプリ「Taimee(タイミー)」とは

飲食業界の人手不足を救う?ワークシェアアプリ「Taimee(タイミー)」とは

飲食業界やコンビニなどで、アルバイトの人材不足が深刻です。日本では今後も少子高齢化が進むことが予想され、労働力の確保は喫緊の課題となっています。そんな中、ワークシェアアプリ「Taimee(タイミー)」がリリースされました。若者が自由に働くことができ、人手不足を解消するツールとしても注目が集まっているTaimeeについて詳しく解説します。

メルカリがサイクルシェアサービスに参入!福岡で実証実験スタート

メルカリがサイクルシェアサービスに参入!福岡で実証実験スタート

Airbnbは日本独自の新たなビジネス戦略「Airbnb Partners」を発表しました。民泊新法の施行によって国内のホームシェアビジネスは大きく展開していく可能性もあり、それまで民泊とは関連のなかった異業種企業からも高い関心が寄せられています。その狙いと施策内容について、国内企業の民泊市場動向とあわせて解説します。

シェアリングエコノミーの先進国中国の実情 2018年最新動向と事例まとめ

シェアリングエコノミーの先進国中国の実情 2018年最新動向と事例まとめ

シェアリングエコノミーの先進国として次々にサービスが誕生している中国と、既存サービスからの反発と規制が多くそこまでの勢いに欠ける日本。今回の記事では、民泊、家事代行、自転車シェア、カーシェアの中から中国のシェアリングエコノミー最新事例4つを取り上げ、両国の比較や中国の最新動向に迫ります。

地域で倉庫を共有してモノの貸し借り。カナダ発のシェアサービスThingeryとは?

地域で倉庫を共有してモノの貸し借り。カナダ発のシェアサービスThingeryとは?

今回は海外事例として、カナダのThingeryというサービスをご紹介します。Thingeryはモノのシェアサービスですが、地域コミュニティを巻き込んで地元の人たちに愛されるサービスへと成長しつつあります。地域住民を中心とした協同組合による運営や、街中にコンテナ型の倉庫を設置するという、シェアリングエコノミーとしてはユニークな運用にも注目です。

内閣府がシェアビジネスに関する調査研究を発表 そこから読み解くシェアビジネスの現状とこれから

内閣府がシェアビジネスに関する調査研究を発表 そこから読み解くシェアビジネスの現状とこれから

先ほど、内閣府は「シェアリング・エコノミー等新分野の経済活動の計測に関する調査研究」を発表しました。政府がシェアリングエコノミーに関する調査結果を発表したのは初めてです。この発表の背景を探り、またその内容から国内のシェアビジネスの最新の動向をカテゴリー別に把握し、今後の日本のシェアビジネスの動向を考えます。

リアル店舗へ登場するシェアビジネス 商業施設と協業する理由とは

リアル店舗へ登場するシェアビジネス 商業施設と協業する理由とは

シェアリングエコノミーといえば、多くはアプリやWebのプラットフォーム上にあるサービスが思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、最近では駅ナカの施設や大型スーパーなど、異業種間で協業する例が続々と登場しています。今回はシェアビジネスがリアルな店舗として事業を拡大する狙いについて、具体的な事例とともに解説します。